中韓FTA発効は年内

中韓FTA、年内にも発効 自動車は対象外

 【ソウル=加藤宏一】中韓両政府は1日、ソウルで自由貿易協定(FTA)に正式署名した。両国は中韓FTAをアジアの新たな経済統合の核にしたい考えで、年内の発効を目指して手続きを進める。韓国は日本に先駆けて中国市場で関税自由化の恩恵を受けるが、一方で対象が限られ、日本企業への影響は限定的との見方が強い。韓国では環太平洋経済連携協定(TPP)に参加する日本の競争力強化に危機感も強く、今後はTPP参加議論が本格化しそうだ。

握手する中国の高商務相(左)と韓国の尹産業通商資源相(1日、ソウル)
画像の拡大
握手する中国の高商務相(左)と韓国の尹産業通商資源相(1日、ソウル)
 中国の高虎城商務相と韓国の尹相直(ユン・サンジク)産業通商資源相が同日、ソウルで署名式に臨んだ。両者は署名後に記者会見し、高氏は「中韓…(続き→http://www.nikkei.com/article/DGXLASGM01H8P_R00C15A6FF8000/
=================
おっちゃんはこれを、笑うことも嘲ることもできない。

何故なら我が国もTPPと言う愚行を行うからだ。

この様な自主性をなくす事を行って日本民族の未来は無いと思いますね。
スポンサーサイト