TPPとはそう言うモノ

三橋貴明氏が「TPP交渉参加国との交換文書一覧」で投資について外国人資本家等の意見を盛り込む話をされていますが、今更何も驚きはありません。

◆TPP政府対策本部
http://jklfurukawa.blog.fc2.com/blog-entry-202.html

このエントリーの中にある一番下のリンクが該当部分です。

・TPP交渉参加国との交換文書一覧
http://www.cas.go.jp/jp/tpp/pdf/2015/10/151005_tpp_koukan.pdf

なんで驚かないと言えば、TPPを含めグローバル化ってそういう事だからね。

=====
◆当該部分
=====
○投資
両国政府は、コーポレート・ガバナンスについて、社外取締役に関する日本の会社法改正等の内容を確認し、買収防衛策について日本政府が意見等を受け付けることとしたほか、規制改革について外国投資家等からの意見等を求め、これらを規制改革会議に付託することとした。

実は、これだけでなく著作権についても2次創作について厳しい局面になると思います。
某ネズミーマウス「ハハッ!著作権は永遠に不滅さ!!」

他におっちゃんが気になった所を抜粋すると以下のとおり。

=======
◆気になる部分
=======
○保険
両国政府は、①日本郵政の販売網へのアクセス、②かんぽ生命に対する規制上の監督及び取扱い、③かんぽ生命の透明性等に関してとる措置等につき認識の一致をみた。

○知的財産権
両国政府は、TPP 協定の関連規定の円滑かつ効果的な実施のために必要な措置をとること、日本政府が著作権の私的使用のための複製の例外に関する検討を再開すること、及び両国政府が著作権等の知的財産権の保護の強化に向け取組の継続の重要性を認識することとした。

○規格・基準
両国政府は、日米間の物品の貿易を円滑化するため、強制規格、任意規格及び適合性評価手続に関する作業部会を設置することとした。

○競争政策
両国政府は、我が国の競争政策について、平成 25 年の改正独占禁止法の内容及び意義を確認することとし、「独占禁止法審査手続についての懇談会」の報告書を考慮に入れた公正取引委員会による対応等につき認識の一致をみた。

案件:輸入自動車特別取扱制度(PHP)の運用等(日本-米国)
概要:日米自動車付表において、①PHP の下での輸入者の負担を増やさないこと、②PHP 車を財政上の奨励措置から除外しない形で適用すること等を定めていることに関し、①省エネ法との関係、②財政上の奨励措置との関係等について日米両政府間で見解を確認する文書。

案件:コメの米国向け国別枠の運用(日本-米国)
概要: 米国向けのコメの国別枠における売買同時契約方式(SBS)の運用について約束する文書。
スポンサーサイト