日韓合意の請求書は、私達に増税となってやってきます

慰安婦問題、日韓が合意=日本政府「責任を痛感」―人道支援へ10億円財団 時事通信 12月28日(月)15時39分配信

【ソウル時事】日韓両国間の大きな懸案となってきた、いわゆる従軍慰安婦問題をめぐる両政府の協議が28日、合意した。
日韓外相の共同記者発表によると、日本政府は同問題への旧日本軍の関与を認め、「責任を痛感」するとともに、安倍晋三首相が「心からおわびと反省の気持ち」を表明。元慰安婦支援のため、韓国政府が財団を設立し、日本政府の予算で10億円程度の資金を一括拠出する。
首相と韓国の朴槿恵大統領はこの後、電話で会談し、合意を確認した。これに先立ち、朴大統領は大統領府で岸田文雄外相の表敬を受け、「日本側の措置が迅速、誠実に履行されることが最も重要だ。韓日関係の新たな出発点になることを願う」と述べた。
日韓両政府は今年、国交正常化50年を迎えたことを踏まえ、慰安婦問題の妥結を急いだ。懸案決着への道筋が付いたことを受け、双方は関係改善に全力を挙げる。
岸田外相と尹炳世韓国外相がソウルの韓国外務省で会談、合意に達した。会談後の共同記者発表で、岸田氏は慰安婦問題について「最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する。今後、国連など国際社会で、本問題について互いに非難、批判することを控える」と表明。尹氏も合意事項の履行を前提に、「この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」と述べた。
また、ソウルの日本大使館前に設置された慰安婦問題を象徴する少女像について、尹氏は元慰安婦支援団体「韓国挺身(ていしん)隊問題対策協議会(挺対協)」を念頭に、「可能な対応方法に対し、関連団体との協議などを通じて適切に解決されるよう努力する」と述べた。日本政府は少女像の撤去を求めている。
合意を受け、岸田氏は「これをもって日韓関係が新時代に入ることを確信している」と強調。尹氏も「韓日両国が新しい心でもって新しい韓日関係を切り開いていけることを期待する」と語った。
元慰安婦の請求権を含む法的問題について、日本政府は1965年の日韓請求権協定で「完全かつ最終的に解決済み」との立場。岸田氏はこうした日本政府の立場について「従来と変わらない」と記者団に語った。 
=======================

結局、嘘に政府がお金を出す結果になっていますね。


「日本政府の予算で10億円程度の資金を一括拠出する。」

これは、従軍慰安婦を認めたと言う重要なファクトになります。

「尹氏も合意事項の履行を前提に、「この問題が最終的かつ不可逆的に解決されることを確認する」」

これも韓国との関わりを見れば、後でひっくり返します。


最終的に、この請求書は私達国民にくるのです。

【嘘】に税金が使われると言う、史上最低な使い方ですね。

これで消費税等の増税ですからね。

狂信的な安倍晋三氏を湛えている所謂保守系の人達で、これでも安倍ちゃん最高とか言っているのであれば、もはやそれは宗教です。

その記事を見るたびにため息をつくでしょうねぇ…

年の最後に最悪のニュースがやってきましたね。
スポンサーサイト