二重国籍は自民党にもいた

自民にも「二重国籍」議員がいた 岡山県選出の参院議員小野田氏「米国籍離脱手続き中」

http://www.sankei.com/west/news/161004/wst1610040043-n1.html

 7月の参院選で初当選した自民党の小野田紀美(きみ)参院議員(33)=岡山県選挙区=が、米国との二重国籍状態であることが4日、自民党関係者への取材で分かった。小野田氏の事務所によると、現在は米国籍の離脱手続き中といい、産経新聞の取材に「今後気をつけたい」と釈明した。国会議員の二重国籍をめぐっては、民進党の蓮舫参院議員(代表)が9月の党代表選前に判明していた。

 小野田氏は昭和57年、日本人の母親と米国人の父親との間に米国で生まれた。母親の地元、岡山県で小中高校に通い、大学卒業後は東京都北区議に当選。2期目途中で辞職し、7月の参院選に出馬した。

 小野田氏の事務所によると、小野田氏は米国との二重国籍状態だったため、参院選出馬前に日本国内で米国籍を放棄すると宣言、日本国籍を選択する手続きを終えた。しかし、米国当局に対しては米国籍放棄の手続きを取っていなかった。

 産経新聞の取材に対し、同事務所は「(蓮舫氏の二重国籍問題の)報道を機に確認したところ、米国で国籍放棄の手続きをする必要があることを知った。現在、米国における手続きを進めている」と説明している。

============================

予想通りの展開だねぇ…

で、自民党だと全力擁護なのかね?

そもそも、最初から法案提出の運びをしていない時点で、お察しのとおり。

まあ、安倍首相ももはや国境や国籍にこだわる時代は過ぎ去りました」 と申していますし、二重国籍OKならOKで、その指針を示しなさいな。

結局、選挙のときに有利に運ぶためのテクニックと言われても仕方ないわな。

二重国籍について、どっちにするかハッキリしなさいな。
スポンサーサイト

ノーベル受賞は、そんなに喜ぶ話では無い

快挙に中韓ビックリ 韓国「オタク文化」例に「日本に学ばねば」 中国「どんな秘密があるのか…」 2016.10.3 23:11

 大隅良典・東京工業大栄誉教授(71)がノーベル医学・生理学賞を受賞したニュースは、APやロイターなど海外の通信社も速報した。

 韓国の聯合ニュースは、自然科学分野で日本人のノーベル賞受賞が相次ぐ背景として、「日本特有の匠(たくみ)の精神」や一つの分野に没頭する「オタク文化」の存在を挙げ、「政策や文化といったさまざまな側面の結晶だといえる」と分析した。韓国ではこの分野で受賞がないことから、「日本の政策に学ばねばならない」という韓国の研究者の意見も伝えた。

 中国では北京紙、新京報(電子版)が大隅氏の受賞を報じた上で、「ここ数年、日本の科学者によるノーベル賞受賞が続出している。どんな秘密があるのだろうか」とした。

 英BBCテレビ(同)は「大隅氏の業績はがんからパーキンソン病にいたるまで、何が病気を悪化させるかを説明する助けになった」と重要性を強調。米CNNテレビ(同)は、「オートファジーの存在は1960年代から認識されていたが、大隅氏が酵母を用いた先駆的な実験を行うまで、仕組みがほとんど解明されていなかった」と伝えた。

http://www.sankei.com/world/news/161003/wor1610030045-n1.html

==============================

確かに良いニュースですが、過剰に礼賛するのはどうかと思う。

そういう根性が、世界のお墨付きをもらいたがる傾向になるからだ。

仁徳天皇御陵の世界遺産も構造的には同じだと思いますね。

それと、特定アジアにノーベル賞が無いことを揶揄する人たちがいますが、それもどうかと思います。
やっている事は、その嫌いな国の根性と大して変わりません。

いずれ我が国はその賞も取れる知的水準が低くなると予測していますので、没落するその姿を見る事になるでしょう。

それくらい私達の知的レベルは落ちている。

(注)多分、しょうも無いコメントが来ると思いますのでコメント許可は、承認制にします。