斂葬の儀予算の報道

どうにも悪意を感じます。
当然この報道になれば高いとか安いとかの反応をするでしょう。

報道をする事で世論をざわつかせようとしているのでしょうね。

それでも対中環境援助の予算や遺棄化学兵器やアジア開発銀行を始めとする国際金融についての予算に何一つ報道をしない中でのこの報道なのです。

当然不敬もありますが、それ以上に国民に伝えなければならない重要な情報はいくらでもあります。

その筆を抑えてなので尚更タチが悪い。

====================
葬儀費用約2億8900万円
http://www.sankei.com/life/news/161101/lif1611010011-n1.html

 10月27日に薨去(こうきょ)された三笠宮さまの葬儀や墓所の建設に必要な費用は約2億8900万円との見込みを宮内庁がまとめ、うち約2億900万円を平成28年度の国の予備費から支出することが1日の閣議で決まった。宮内庁によると、残りの費用は来年度の予算要求に盛り込むなどしてまかなうという。
 費用の内訳は本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」の葬場関係に約1億3400万円、墓所の建設に約1億2400万円などで、平成26年6月に薨去された次男、桂宮さまの時より計約2700万円増える見込み。宮内庁は主な要因として労務単価の上昇のほか、参列者に儀式が見えやすいようにするモニターの設置費用などを挙げた。
 葬儀は三笠宮妃百合子さまを喪主とし、私的行事として神道形式で営まれるが、「国家的な弔意の対象」(宮内庁)を理由に、国費が充てられる。
====================
三笠宮さま葬儀費用、2億8900万円 宮内庁見通し
http://www.asahi.com/articles/ASJB05TW6JB0UTIL059.html

 宮内庁は1日、故・三笠宮崇仁(たかひと)さまの葬儀費用が総額約2億8900万円になるとの見通しを明らかにした。本葬にあたる「斂葬(れんそう)の儀」が約1億3400万円、墓所関連費用が約1億2400万円など。
====================
三笠宮さま葬儀関連費に2億8900万円 閣議決定
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG01H16_R01C16A1CR0000/

 10月27日に亡くなられた三笠宮崇仁さまの葬儀関連費用について、政府は1日の閣議で、今年度予算の予備費から約2億900万円を支出することを決めた。墓所の建設費など来年度予算での要求分も含めた総額は約2億8900万円となる見通し。
 総額の主な内訳は、4日に営まれる本葬「斂葬(れんそう)の儀」の関連費用が約1億3400万円、墓所建設費用が約1億2400万円など。2年前に死去した三笠宮さまの次男、桂宮さまの葬儀関連費用より約2700万円増えた。宮内庁は増加の主因として、参列者向けに会場内の様子を映すモニターのレンタル費用などを挙げた。
 葬儀は三笠宮家の私的行事として神道形式で営まれるが、政府は国家的な弔意の対象となるとして国費を充てる。
====================
三笠宮さま葬儀に2億8900万円
http://www.jiji.com/jc/article?k=2016110100125&g=soc

 政府は1日の閣議で、先月27日に亡くなられた三笠宮さまの葬儀や墓所建設などに掛かる経費に、国の予備費から2億900万円を支出することを決定した。来年度予算で要求する分も含めた葬儀関連費用の総額は2億8900万円になる見通し。
 総額の内訳は、4日に豊島岡墓地(東京都文京区)で営まれる本葬「斂葬(れんそう)の儀」の関連費用が1億3400万円、墓所関連費用1億2400万円、葬儀執行費用600万円など。
 宮内庁によると、2年前に亡くなった三笠宮さまの次男桂宮さまの葬儀関連費用は総額2億6200万円で、今回は2700万円増えた。労務単価の上昇や、葬儀の様子が参列者に見えるようモニターを設置する費用などが主な理由という。(2016/11/01-08:49)
====================
スポンサーサイト