ネット世論の限界を感じる

自民党・林幹雄が神演説!蓮舫をコテンパンにやっつけて国会史上最高の盛り上がり! 2016年12月17日

これぞ神ってる。自民党の林幹雄氏が民進党の蓮舫代表を追及した演説が史上最高に盛り上がった。
こんなに気持ちがいい国会は珍しい。胸がスカッとする!

わずか2分間の演説なのにこれまで積もり積もった不満が全て吐き出され、100%正論で構成された演説はもはや神業。緩急つけた力強い話し方と「そうだ!」という周囲の声が史上最高の盛り上がりを生んだ。
以下、内容まとめ。
民進党に対して→「決めるべきときに決めず時間だけ稼ぐ。空虚なやり方にもはや国民は飽き飽きしています!プラカードを掲げて審議や採決を妨害しても誰の共感も得ることはありません。そのような時間があったら建設的な対案づくりに時間をさこうとするという考え方はないんですか!」
一部の野党議員に対して→「委員会や本会で欠席ばかりして国民に答えているとは言い難く、大変嘆かわしいものがあります。国会の意味は国民に向けて賛成か反対か分かりやすくお示しすることにあります。欠席ばかりでは結果は残せません」
蓮舫氏に対して→「蓮舫代表は人を批判するためだけにテレビに登場し、中身も分かっていないくせに、安倍総理のドナルド・トランプ次期大統領との会談にもいちいちケチをつける。安倍総理に対して『息をするように嘘を吐く』と馬鹿げた批判をした。人を批判する前に自らの二重国籍問題について嘘の上塗りを反省し、国民に一度でいいから説明したらどうですか!自分のことを棚にあげて国家、国民のことを全く考えない対応、国会議員としてあるまじき態度です!」
林幹雄氏が特に秀逸だったのは手元の原稿を読み上げつつも、蓮舫氏を追及するところではしっかりと目を睨みつけて話したところ。
▼ここぞというところで顔をあげて蓮舫氏を見据え、決め台詞!
renho-hayashi2
▼対する蓮舫は不満げな表情を浮かべながら首をかしげていた。完全に正義のヒーローにやられる悪役の雑魚キャラ。
国会にいた議員たちも中継を観ていた視聴者たちもこの大演説には大盛り上がり。完全に負け戦となった蓮舫代表がやけにちっぽけな存在に見えたのは言うまでもない。
トランプ氏へのおみやげはゴルフバッグではなく日本の技術力がアピールできる自動車の点火プラグにすべきだった?実はカジノ推進派だったのに利権が貰えないとなると反対派?二重国籍問題は解決したけど戸籍謄本は見せられない?
こんな状態で民進党の代表をやっているのはおかしい。いやそもそも出自がよく分からない人が日本の政治家になっている時点でおかしい。首を傾げたいのはこっちだ蓮舫。

http://archive.is/KDFjZ
=======================

ま、この程度で満足何ですからねぇ…

こんなことより、世界が大きく変化している事に対応しなくてはいけない情勢何ですけどね。

正に「阿Q」そのもの。
スポンサーサイト