稲田防衛相、靖国神社報道で思うこと

稲田防衛相 きょう靖国神社に参拝へ 12月29日 6時35分

稲田防衛大臣は29日午前、防衛大臣に就任してから初めて、東京・九段の靖国神社に参拝することになりました。
稲田防衛大臣は例年、サンフランシスコ平和条約が発効し、日本が主権を回復した4月28日と、終戦の日の8月15日に、みずからが会長を務める党の議員グループとともに東京・九段の靖国神社に参拝しており、行政改革担当大臣や自民党の政務調査会長を務めていた時も参拝しました。

一方で、稲田大臣は、ことし8月に防衛大臣に就任したあとは、13日からアフリカのジブチを訪れ、ソマリア沖の海賊対策のために派遣されている海上自衛隊の部隊を視察していたことから、終戦の日の参拝は行われませんでした。こうした中、稲田大臣は29日午前、防衛大臣に就任してから初めて、靖国神社に参拝することになりました。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20161229/k10010823861000.html
http://archive.is/3utFY
==================
むしろ、行くことより参拝しなかった事を話題なる世の中になれば良いのにね。

「靖国神社参拝の義務怠る」と言うリーダーとかね。

恐らく理屈としては、御用納めの翌日だから公務では無いとの事なのでしょう。
スポンサーサイト