辛淑玉(のりこえネット)と自治労の関係


辛淑玉氏とのりこえネットと言えばこれだね。
数年前の在特会に対して、動員要請を自治労にお願いした資料ですわ。
これは、以前自治労の内部告発でもらった資料です。
少なくとも自治労とのりこえネットは何の関係も無いとは言えない。
スポンサーサイト

米中関係の行方

「中国は戦争を望んでいない」トランプ政権の外交政策、キッシンジャー氏が激白 片山さつき氏が意見交換 2017.01.29

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170129/plt1701291000001-n1.htm
http://archive.is/k81Qb

http://www.zakzak.co.jp/society/politics/news/20170129/plt1701291000001-n2.htm
http://archive.is/G0zte

 ドナルド・トランプ米大統領の外交政策が注目されている。閣僚や主要スタッフには「対中強硬派」が並ぶが、自動車などの貿易問題では日本などを批判している。自民党政調会長代理を務める片山さつき参院議員は20日の大統領就任式に参加するため訪米し、「外交の巨人」といわれるヘンリー・キッシンジャー元米国務長官(93)と意見交換してきた。

 キッシンジャー氏は、ニクソン政権時代に国家安全保障問題担当補佐官を務め、米中国交回復に尽力した。トランプ氏にも外交政策のアドバイスをしているといわれる。

 昨年12月2日、キッシンジャー氏が中国の習近平国家主席と北京で会談した当日、トランプ氏は台湾の蔡英文総統と電話協議した。中国は激怒したが、トランプ氏とキッシンジャー氏の“連携”がささやかれた。

 片山氏は、会談したキッシンジャー氏について「非常に頭脳明晰(めいせき)で、『トランプ政権の主要閣僚は経験豊富で有能だ。また、特定の勢力としがらみもなく、期待できる』と語っていた」といい、続けた。

 「トランプ氏は、ニクソン政権とレーガン政権を高く評価している。キッシンジャー氏とも相性が悪いはずがない。2人は普段から、2、3週間に1度は会って、意見交換しているという。昨年12月の訪中後も会ったようだ」

 トランプ氏の国家安全保障問題担当の副補佐官には、キッシンジャー氏の側近で、FOXニュースのコメンテーターも務めた女性論客、キャスリーン・T・マクファーランド氏が起用されると発表されている。トランプ氏とキッシンジャー氏が、台湾と中国に対し、役割分担した可能性を感じさせた。

 トランプ外交で最も注目すべきは米中外交だ。

 中国が「核心的利益」と位置付ける台湾問題で、トランプ氏は「一つの中国」の原則に縛られない考えを表明した。これに対し、中国軍当局者は、米国が対中、対台政策を見直した場合、「(対抗措置を)当然検討中だ」と話すなど、きな臭くなっている。

 片山氏は「キッシンジャー氏は『米中戦争はない』と断言した。台湾問題についても『トランプ氏はうまく折り合いをつけるだろう』と言っていた。そもそも、『中国は戦争を望んでいない』というのがキッシンジャー氏の変わらない持論だ」と語った。

 1971年のニクソン・ショックのような、電撃的な「米中接近」も警戒した方がいいかもしれない。

 では、トランプ時代の日本外交はどうあるべきか。片山氏は続けた。

 「キッシンジャー氏は、日本の、米国と中国、ロシアに対する立ち位置について非常に高く評価していた。『今まではうまくバランスをとってきた』といい、今後の関係については『日本が決めることだ』と語っていた」

 2人の意見交換は盛り上がり、約40分間に及んだ。キッシンジャー氏は、トランプ政権の成果が出る1年後の再会を提案したという。 (ジャーナリスト・安積明子)
====================

さて、これを見ると米中関係対決路線を唱える方もいますが、この様なキッシンジャー路線もあると言う事を念頭に置かなければいけませんね。

第2のニクソンショックが起きるのかどうかが、今年一番の見どころかも知れません。

そうなれば、我が国ははしごを外された「道化者」となるでしょう。