FC2ブログ

金正男氏の息子にも暗殺計画と中国のレッドライン

金正男氏の息子にも暗殺計画か 北朝鮮工作員を逮捕

https://news.yahoo.co.jp/pickup/6259346
http://archive.is/cm1Bd


 暗殺された金正男(キム・ジョンナム)氏に続き、息子のキム・ハンソル氏も狙われていました。

 韓国の中央日報は北朝鮮消息筋の話として、ハンソル氏を暗殺しようと北京に派遣された北朝鮮の工作員が先週、中国の公安当局に逮捕されたと伝えました。工作員は7人ほどで、3つの班に分かれ、ハンソル氏の所在把握と接近ルート作りに向けて活動していたということです。中国の公安当局は18日に開幕した共産党大会に合わせ、工作活動の監視を強化していたところ、暗殺計画をつかんだとされています。ハンソル氏は正男氏が暗殺された後、行方は分かっていません。

====================

 普通に考えて、正当な血統の血を断つのは、当たり前。

 金正男氏は、長男であり正妻の息子。

 金正恩氏は、妾の息子。

 我が国より儒教的な観念を持って北朝鮮とすれば、どちらが正当なのか明白であるが故に、殺害の動機としては明快である。

 ついでに正男氏の息子殺害工作を中国が発信したのは、ある意味北朝鮮に手をかける大義名分が出来た可能性がありますね。

 トランプ訪中の前に、この発信はかなり重要な意味を持つと思いますね。
スポンサーサイト



経済財政諮問会議最新情報


経済財政諮問会議の最新情報です。

皆さんの生活に影響のある情報ですので、興味のある方は、ご覧下さいませ。

======================
❙第14回会議資料:会議結果 平成29年

❙議事次第

平成29年第14回経済財政諮問会議

開催日時:平成29年10月26日(木曜日)17時15分~18時15分
開催場所:官邸4階大会議室

❙議事

(1) 経済・財政一体改革(総論、各論1(社会保障1))
(2) 賃金・可処分所得の継続的な改善・拡大について

▶議事次第
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2017/1026/shidai.pdf


❙資料

▶資料1 経済財政諮問会議の今後の課題・取組について
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2017/1026/shiryo_01.pdf


▶資料2-1 財政健全化への対応について(有識者議員提出資料)
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2017/1026/shiryo_02-1.pdf


▶資料2-2 財政健全化への対応について(参考資料)(有識者議員提出資料)
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2017/1026/shiryo_02-2.pdf


▶資料3-1 社会保障改革の推進に向けて(有識者議員提出資料)
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2017/1026/shiryo_03-1.pdf


▶資料3-2 社会保障改革の推進に向けて(参考資料)(有識者議員提出資料)
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2017/1026/shiryo_03-2.pdf


▶資料4 経済・財政一体改革(社会保障改革)の取組状況(加藤臨時議員提出資料)
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2017/1026/shiryo_04.pdf


▶資料5-1 3%の賃金引上げに向けて(有識者議員提出資料)
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2017/1026/shiryo_05-1.pdf


▶資料5-2 3%の賃金引上げに向けて(参考資料)(有識者議員提出資料)
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2017/1026/shiryo_05-2.pdf


▶資料6 政策コメンテーター報告(平成29年第2回)の概要(伊藤議員提出資料)
http://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2017/1026/shiryo_06.pdf

my日本SPREAD!!アーカイブ(10/23-10/29)

my日本SPREAD!!のアーカイブです。
タイムシフトができない方はこちらへどうぞ

http://www.youtube.com/user/jkl5046b/videos

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
● h291024 my日本SPREAD!! ~火曜にむちゅーずでぃ~
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  https://www.youtube.com/watch?v=vrLMvKCs1js

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
● h291027 my日本SPREAD!!金曜のおかずはフライデー
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  https://www.youtube.com/watch?v=URXBc7xF-g8&t=12008s

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
● h291028 my日本Spread+教育略して『マイスプ+』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  https://www.youtube.com/watch?v=5fcHv1NFTcU

不敬・江戸城天守を再建する会

昨日の放送で、九段さんからの情報です。

http://photozou.jp/photo/list/2437778/9106354

江戸城天守を再建する会と言う不敬団体が活動をしているそうです。

一部の政治家でも観光資源としてと言う方も出ていますので、この動きは東京都民及び日本国民として目の離せないと思いますね。

何度でも言いますが、現在は江戸城ではなく宮城(皇居)であります。

あろうことか、その場所に観光資源として見世物小屋をつくる感覚は、最早国賊の前に守銭奴や餓鬼畜生の類です。

中国崩壊本の崩壊

中国崩壊本の崩壊カウントダウン 10/27(金) 17:37配信 ニューズウィーク日本版


中国崩壊本の崩壊カウントダウン


世界最大の人口を擁する中国の経済を予測することは専門家でも難しい(北京) Kim Kyung Hoon-REUTERS
問題を抱えた中国経済は早晩崩壊する――根拠なき崩壊論に訪れる曲がり角
一世を風靡した「中国崩壊本」が今、曲がり角を迎えている。

中国崩壊本とは「中国経済は数々の問題を抱えており、早晩破綻する」と主張する書籍や雑誌のことだ。いわゆる「反中本」の中でも、主に経済に論考が限定されている。アメリカにも存在するが、日本での出版数が圧倒的だ。

石平「中国『崩壊』とは言ってない。予言したこともない」

「世界第2位の経済大国を自称するが、統計はごまかしが横行している。実際のGDPははるかに少ない」「軍事費や治安維持費が右肩上がりに増えており、高成長を維持できなければ国家が破綻する」「中国の暴動・ストライキの数は年10万件超。成長率が下がれば国が持たない」「不動産バブルは既に限界」......といった個々の事象を基に、中国経済が立ちゆかなくなると結論付けるのが一般的だ。

05年の反日デモ、08年の中国製冷凍ギョーザ中毒事件、10年の尖閣諸島沖中国漁船衝突事件、12年の日本政府による尖閣国有化に伴う反日デモと、日中間で衝突が起きるたびに中国崩壊本は出版されてきた。

曲がり角を迎えている最大の理由は、10年以上前からオオカミ少年のように「間もなく崩壊する」と言い続けたのに中国経済が一向に崩壊しないからだ。「崩壊詐欺」とも批判を浴びている。

そして、本の売れ行き自体も低調になった。「あの手の本には一定の支持層がいるが、大きく売り上げを伸ばすためには中国との『事件』が必要」と、中国崩壊本を何冊も手掛けてきた日本人編集者は言う。「現在、日中関係は安定しているので、ある程度は売れるもののそれ以上の大きな伸びは見込めなくなった」

このような本が売れた背景には、日本社会の変化がある。00年代以降、排外主義的な傾向が強まり、「ネトウヨ」と呼ばれるネット右翼が台頭。ナショナリズムによりどころを求める風潮も広がった。

しかし中国崩壊本を買っていたのは彼らだけではない。ネトウヨ層の中核は実は40代とされるが、彼らは主にネットを利用し紙媒体とは隔絶した空間に生きている。出版社によれば、崩壊本の主要読者層は60代前後。著名作家の本は確実に1万部は売れる。

出版不況の中、一定数が売れるので書店も販売スペースを確保し、平積みして陳列する。日中間でトラブルや事件が起きたときに「中国のことを知りたい」と書店に訪れた一般読者が、大々的に並ぶ中国崩壊本を手に取る――というサイクルが成立してきた。

こういった本には制作コストの安さというメリットもある。多くの場合、経費をかけた現地取材をすることなく、中国国外で活動する反共産党の中国語メディアの記事をネタに複数の中国ウオッチャーが対談。それを書き起こした内容を編集して書籍化されている。

例えばよく使われる「中国の治安維持費は国防費をしのぎ、経済成長率を上回るペースで毎年増加している。治安維持費の増加に中国経済は耐えられない」というネタは、もともと香港紙が14年頃に取り上げ始めた。11年に中国政府の「公共安全支出」が国防費を上回ったことが、「治安維持費と国防費が逆転、外敵よりも人民を敵視する中国政府」という文脈で広まった。

しかし、公共安全支出は警察、武装警察、司法、密輸警察などの支出の合計。密輸監視を治安維持費と呼ぶべきかどうか疑問が残る。また警察関連が公共安全支出の約半分を占めているが、16年は4621億元(約7兆8600億円)と対GDP比で0.62%にすぎない。ちなみに日本の警察庁予算と都道府県警察予算の合計は3兆6214億円、対GDPで0.67%だ。

<中国のGDPは公表値以上?>

中国の経済統計が捏造されているとの指摘も定番だ。ただ統計制度の未成熟ゆえ、逆にGDPを過小評価している可能性もある。公式統計に把握されない地下経済はどの国にもあるが、制度が未成熟な途上国ほど規模は大きくなる。中国の地下経済規模は先進国以上とみられ、これを加算したGDP規模は統計を大きく上回るかもしれない。

論理的に統計の矛盾を突き、崩壊論を導こうとする著者もいる。経済評論家の上念司は『習近平が隠す本当は世界3位の中国経済』(講談社)の中で、輸入量と実質経済成長率の相関が不自然な点から、中国の統計は捏造であり、そのGDPは今でも日本以下だと主張する。これに対し、神戸大学経済学部の梶谷懐教授は「実質経済成長率を算出するためのデフレーター(物価指数)が不正確なことに起因している。ごまかしではない」と批判する。

崩壊本も代わり映えのしない内容の繰り返しではさすがに飽きられるように思えるが、それは大きな間違いだ。

嫌韓・反中のネット掲示板では、日々似たような情報が繰り返し論じられる。議論や新たな情報の収集が目的ではなく、ただひたすらに会話を途切れさせないこと、コミュニケーションを続けることが目的化している――と、社会学者の北田暁大は著書『嗤う日本の「ナショナリズム」』(NHK出版)で指摘する。中国崩壊本も同じことで、読者にとって新しい情報や議論はむしろ邪魔かもしれない。

出版不況で書籍も雑誌も発行部数は激減している。新書の場合、20年前は初版2万部が当たり前だったが、現在では1万部ならいいほうだ。売り上げが減れば制作費を削らざるを得ない。中国崩壊本は、書き下ろしより短期間・低コストで作ることができる対談本が多数を占める。

一定数の売り上げが見込め、かつ制作コストも安い中国崩壊本は出版社にとってありがたい存在だ。「物書き」たちもひたすら高潔であろうとすれば、自著の出版は永遠にできない。

「少し過激なタイトルを付けることで、それなりにしっかりした内容の本が出せるのなら、必要悪だと割り切っている」と、前述の編集者は言う。「日本で海外事情を紹介する本は全く売れなくなった。海外関連の本を出さないと割り切る選択肢もある。ただ、日本人には海外に関する知識を身に付けることが必要ではないか」。「羊頭狗肉」ならぬ「狗頭羊肉」の戦略といえるかもしれない。

<あと一歩で「反中本」作家に>

中国崩壊本に優れた内容が隠れているケースもある。その好例が在米中国人ジャーナリスト陳破空(チェン・ポーコン)の『赤い中国消滅~張子の虎の内幕~』(扶桑社)だろう。これぞ崩壊本というタイトルだが、同書の前半は著者が89年の民主化学生運動に参加し、弾圧されて亡命するまでの半生を描いた自伝。香港経由での国外逃亡ルートの実態をはじめ、亡命を勧めた公安当局者の話など知られていない内容が盛りだくさんだ。後半は現代中国の分析だが、「消滅」をあおるような記述はない。

ハイレベルで学術的な「中国崩壊」論争も存在する。東京大学社会科学研究所の丸川知雄教授と神戸大学の梶谷は共著『超大国・中国のゆくえ4 経済大国化の軋みとインパクト』(東京大学出版会)の中で、元経済産業省官僚の津上俊哉が書いた『中国台頭の終焉』(日本経済新聞出版社)を批判した。

津上は中国経済の専門家で、安易な崩壊論に与する筆者ではない。丸川と梶谷も津上の分析力を認めつつ、「中国の潜在成長率の積算根拠」「投資過剰による成長行き詰まりがもたらすマイナス要素の大きさ」「人口予測の妥当性」といった、一般読者には理解が難しい専門的な部分に議論を集中して津上の「崩壊論」を批判した。

津上と梶谷はその後もブログで議論を続けたが、一連のやりとりで明らかになったのは中国経済予測の困難さだ。知識が豊富な専門家でも、公式統計や報道が未成熟で、かつ急激に成長と変化を続ける中国経済の正確な予測は難しい。また、専門的な議論は一般読者にはとっつきにくい。その隙間にうまく入り込んだのが、手軽に制作できて読みやすい崩壊本なのだろう。

私はこれまで中国崩壊本は書いたことがない。しかし、共著本の題名を『なぜ中国人は愚民なのか』に変えられ、反中本作家の仲間入りする寸前の経験をしたことはある。

「中国を知りたい」という一般読者がこうした崩壊本を手に取れる状況が続けば、中国に対する正確な理解や分析はいつまでたっても日本社会に広がらない。最近は崩壊本の売れ行きが低迷するなか、過大評価と過小評価のどちらにも振れない客観的な本が出版されるようになってきたが、まだその動きは心もとない。

中国本の売れ筋が変われば、日本の対中認識も変わる。正確な中国認識は日本の「国益」にほかならない。この転換が実現できるのか。書き手と出版社、そして読者も試されている。

<本誌10月24日号特集「中国予測はなぜ間違うのか」から転載>

高口康太(ジャーナリスト)

http://archive.is/iC3O0


==========================

良く考えれば分かる話で、日本で言えば、バブルが弾けた様なモノで、国家が崩壊する訳ではありません。

実際、崩壊したら間違いなく我が国も難民を始め経済的にも影響をうけるでしょうね。

そもそも、我が国よりGDPが上でありますし、日本は更に今後経済的に没落する可能性を含んでいます。

これは、韓国崩壊論と同じで結局は幻想や願望の類なんですよね。

それより、しっかり現実を見据えないと、長期的に見て中国に飲み込まれる可能性だってありますので、ご用心と言う訳なのです。

【番宣】今日のおかずはなんでしょうか?

○日本SPREAD!!金曜のおかずはフライデー

2017/10/27(金) 開場:20:57 開演:21:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv307522693

my日本がお送りする政治トークバラエティ、my日本SPREAD!!
jkl-furukawaがお届けします!

---

■おしながき

◆Headline GoGo!!

 時事ネタを中心にお話しします。

 先週話した、訪日外国人高速道路定額乗り放題サービスについて、改めて解説する予定です。

 簡易的に調べた結果、小泉純一郎のビジット・ジャパンからスタートしている可能性がありました。
 加えて、高速道路民営化を合わせると、この案件の闇の深さが見えてまいります。

◆jklが行く!!

 今回は、素材不足の為、JKLは何処へ行った?になります。

 今日も21時に始めようと思います。

 いつもの絶望番組ですが、今回も某かの光明が見いだせる番組にしたいと思います。

三橋貴明「いずれ中国の属国になる」



https://www.youtube.com/watch?v=Nhc9SESXFkY

この認識は、おっちゃんも同意できる所がありますね。

中国では、問題がありつつも政治判断が早い。

そして、中国崩壊論アリきの保守論壇の方々で一抜けになりましたね。

おっちゃんもそう思います。

そもそも、我が国が今後後進国に落ちぶれつつある状態で、隣の崩壊を望んでも仕方ない話です。

改めて言いますが、中国は崩壊しません。

外国人観光客高速道路乗り放題プランは、以前から存在していた!


◆高速道路を安全・安心にご利用いただくために(p21より)
http://www.mlit.go.jp/common/001190065.pdf

Japan Expressway Passの前身時代は以下の5つの乗り放題プランがあったそうな。
1 Hokkaido Expressway Pass(H20~)
2 Tohoku Expressway Pass(H27~)
3 Central Nippon Expressway Pass(H24~)
4 Kyushu Expressway Pass(H26~)
5 San'in-Setouchi-Shikoku Expressway Pass(H29.3.25~)
年度別実績からすると、h27から急増しています。
その実勢を踏まえh29年で全国展開のJapan Expressway Passになったのでしょうね。
国籍別では、以下の順位
1 香港
2 韓国
3 台湾
4 タイ
5 シンガポール
6 マレーシア
7 中国
なるほど、今後もこれが増えれば、間違いなく事故は急増するでしょうねぇ…
道交法が国よる違いをどう解消しているのかが、大変疑問です。
トライク乗りの私としては、「わ」、「れ」ナンバーには今後絶対近づかない様に気を付けないと…

選挙・大方予想通りの結果

 結局、新聞の予想通りの結果になりましたね。

 希望は、予想より負けていなかったので何とか野党第2党ですね。

 ただ、立憲を落とせなかったのは、保守論壇の小池百合子に目が行き過ぎた愚行を繰り返して、土壇場で発狂していた、○念、百○等々をみて大変微笑ましい光景を拝見しました。

 本SNSでも辻本が受かって鬱だと言いますが、結局、ソレだけの支持者がいる事実を受け止めないと次へは、進めないでしょうね。

 後は、11月のトランプ訪中で、情勢が緊迫するでしょうなぁ…

希望の党は保守では無い

まあ、枯れ木の山の賑わいで、書きますが…

厳密に言えば、小池百合子氏自体が保守ではありませんので、党自体が保守というのも、ちょっと首をかしげます。

何度も申します通り、自民も保守ではありませんし、厳密に言えば一番近いの「日本のこころ」くらいでしょうか(厳密に言えば、ここも保守ではありません)

結局、保守と言う言葉が、ここまで安くなったのは、本当に残念な事だと思います。

最近は、保守とかそうではなく、段階として、ナショナリズムと反グローバリズムの党が出来ないと話が始まらないと思います。

それには、まだまだ時間を要すると思いますので、ちょっとした揺らぎに一喜一憂しても仕方ないと思いますね。

結局、衆議院選挙が終われば、またいつもの過疎状態になる訳ですので、それでも賑わった事は本SNSとしては、大変良い事だったと思います。

my日本SPREAD!!アーカイブ(10/16-10/22)

my日本SPREAD!!のアーカイブです。
タイムシフトができない方はこちらへどうぞ

http://www.youtube.com/user/jkl5046b/videos

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
● h291017 my日本SPREAD!! ~火曜にむちゅーずでぃ~
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  https://www.youtube.com/watch?v=N8g_4WtF_f8

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
● h291020 my日本SPREAD!!金曜のおかずはフライデー
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  https://www.youtube.com/watch?v=R5FRNmDNTFE

第48回衆議院議員総選挙オフ会【中止】のお知らせ

本日予定されていた、衆議院選挙オフ会ですが、台風直撃の可能性が高い為、【中止】にします。

 恐らく、予報より関東に到着する時間が早まる可能性もありますので、本日の外出はお控えした方が良いと思います。

 おっちゃんもコロッケ買って、おとなしくしています。

【番宣】今日のおかずはなんでしょうか?


○日本SPREAD!!金曜のおかずはフライデー

2017/10/20(金) 開場:20:57 開演:21:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv306951968

my日本がお送りする政治トークバラエティ、my日本SPREAD!!
jkl-furukawaがお届けします!

---
■おしながき

◆Headline GoGo!!

 時事ネタを中心にお話しします。
 選挙後半戦になりました。ほぼ、結果が出た感じになりましたね。
 その辺りの情勢をお話しようと思います。

◆jklが行く!!

 今回は、素材不足の為、JKLは何処へ行った?になります。

 今日も21時に始めようと思います。

 いつもの絶望番組ですが、今回も某かの光明が見いだせる番組にしたいと思います。

高速道路2万円で乗り放題の外国人優遇

え?外国人だけ高速道路2万円で乗り放題って嘘だろ?!ほか後半はただの雑談。

https://www.youtube.com/watch?v=yh_L6xW092A


二宮さん、言ったれ!!言ったれ!!

立憲民主党を調子づかせた、残念な保守言論人達へ

因みに、今更立憲民主党を攻撃しても時既にお寿司ですので(笑)

何度も言いましたけど、ネット保守と呼ばれる脳天ファイラーの皆さんを、枝野を始め「その節はお世話になりました」と言わんばかりの情勢です。

希望の小池百合子氏に目が行って、立憲民主党を伸ばしたネット保守言論人の罪は深くそして重い。

中山成彬氏を裏切り者と言うなら…

中山氏を日本のこころから逃げた裏切り者と言うなら、和田某とか杉田某も、【裏切り者】なんじゃないの?

おっちゃんさ、この様なダブルスタンダードってどうよ? って思うのさ(笑)

希望と立憲が拮抗だそうだ

比例で希望、立憲民主が拮抗 小池都知事の支持率は66%から39%に急落

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は14、15両日に合同世論調査を実施した。22日投開票の衆院選に関し、比例代表の投票先を聞いたところ、希望の党が15・0%、立憲民主党が14・6%と拮(きっ)抗(こう)した。自民党は32・9%だった。また、希望の党代表を務める小池百合子東京都知事の支持率は前回(9月16、17両日)から27・2ポイント減の39・2%に急落…(続く→https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00000525-san-pol

====================

これを喜劇なのか悲劇なのかは、見る人によって違うでしょうねぇ…

金の無駄使いとしての円借款 ~バングラデシュ~

日本がバングラデシュへの優遇借款利率を引き上げ、それでも最も低い利率―中国商務部
Record china配信日時:2017年8月30日(水) 21時50分

2017年8月30日、中国商務部はバングラデシュメディアの報道を引用し、日本がバングラデシュへの優遇借款利率を引き上げると伝えた。

国際協力機構(JICA)は、バングラデシュに対する38回目の優遇借款利率を0.7%に引き上げる。しかし返済期間は変更せず、借款期間は30年、猶予期間10年のままだ。この借款は合わせて約16億4000万ドル(約1800億円)で、交通インフラや電力、水の供給などのプロジェクトに使用される。

具体的には、シャージャラル国際空港建設プロジェクトに7億ドル(約770億円)、カチプール・メグナ・グムティ第2橋建設に4億8000万ドル(約528億円)、ダッカ都市鉄道に5000万ドル(約55億円)、マタバリ超々臨界圧石炭火力発電事業に1億ドル(屋久110億円)、ダッカの地下変電所建設に1億9000万ドル(約209億円)、小規模水源開発プロジェクトに1億1000万ドル(約121億円)である。

バングラデシュは独立以来、日本が最大の援助国となっており、これまでで120億ドル(約1兆3200億円)近くを援助してきた。過去10年間で、JICAは最も優遇的な借款を行い、借款利率は0.01%だった。

しかし、バングラデシュの経済局関係者によると、今回の日本による優遇借款利率の引き上げでも、他の援助国と比べたらまだ低い利率だ。バングラデシュの最大の援助者である世界銀行が提供する優遇借款利率は0.75%で、第2の援助者であるアジア開発銀行は2~3%の利率だという。(翻訳・編集/山中

http://www.recordchina.co.jp/b189064-s0-c10.html

======================

以前、調べた円借款受注先で見れば、バングラデシュでも中国・韓国の企業が受注する事は、普通にあります。

以下が、その資料の抜粋です。JICAの資料を元にしています。

======================
https://ameblo.jp/jkl-furukawa/entry-11980079116.html
https://ameblo.jp/jkl-furukawa/entry-11980079366.html

・バングラデシュパクシー橋建設事業(Ⅰ) 1997.07.01
7,444 MAJOR BRIDGE ENGINEERING BUREAU(中国)

・バングラデシュ カルナフリ上水道整備事業 2006.06.29
3,893 CHINA NATIONAL TECHNICAL IMPORT & EXPORT CORPORATION (中華人民共和国)/ BEIJING SOUND ENVIRONMENTAL ENGINEERING CO., LTD.(中華人民共和国)

・バングラデシュ ダッカ-チッタゴン鉄道網整備事業 2007.12.11
13,379 CHINA RAIWAY MATERIALS IMPORT & EXPORT CO., LTD.(中華人民共和国)/ CHENGDU RANKEN RAILWAY CONSTRUCTION CO.,LTD.(中華人民共和国)/ MAX AUTOMOBILES PRODUCT LTD.(バングラデシュ)

・バングラデシュ 通信ネットワーク改善事業 2006.06.29
4,829 丸紅(日本)/ KT CORPORATION(韓国)
======================

つまり、我々の税金が、バングラデシュにおいては、「借款利率は0.01%」だったのよ。

で、環境関係は、1%以下の制限があったと思います。

要するにアジア開発銀行の2~3%の様な高金利にはしないと思いますね。

一納税者として言いたい、財政が逼迫していると政府が言うが、この様な無駄使いを放置して起きながら増税を言うのは如何なものかと言いたいね。

今週末の予定

皆さん、活動お疲れ様です。

今週末の日曜は、選挙の為、新宿東南口広場にての街宣は中止します。

かわりに、選挙開票オフ会を行います。

http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_c_event_detail&target_c_commu_topic_id=39854

皆さんも思い思いの投票を行って下さい。

大事では無い選挙は、何処にもありませんので、毎回大事な選挙なのです。

そして、みなさんが政府に対して未来を決定するものです。

頭を沢山動かして投票しましょうね。

机上の限界等、雑感も交々と…

結局、実践に伴わない理屈・理論は、屁のつっぱりにもなりませんね。

更に言えば、インターネットは、若者のモノだけでないと言えるでしょう。

自分は、来年50代になりますが、PCを中学生から扱っているので、今の最新テクノロジーに関して、違和感無く受け入れられますね。

時代と共に世代が変わっていくのは仕方ない話で、昔は良かったとか懐古主義を私より若い世代が言っているのに、ちょっと笑ってしまいました。

今は、政治を語る世界が冬の時代になっているだけで、しばらくすれば情勢はかわります。

その時に我がmy日本が、その役割得るのかはわかりません。

でも、我が国の未来に貢献出来れるのがmy日本でなくても良いとおもいますし、それが大きく躍進するのなら、私は大きなエールを送るでしょう。

何を軸にしているか?

それが今後問われる時代かと思いますけどね。

my日本SPREAD!!アーカイブ(10/9-10/15)

my日本SPREAD!!のアーカイブです。
タイムシフトができない方はこちらへどうぞ

http://www.youtube.com/user/jkl5046b/videos

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
● h291010 my日本SPREAD!! ~火曜にむちゅーずでぃ~
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  https://www.youtube.com/watch?v=W_D9emO21qc

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
● h291013 my日本SPREAD!!金曜のおかずはフライデー
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  https://www.youtube.com/watch?v=cpLi3Uavsxo&t=9534s

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
● h291014 my日本Spread+教育略して『マイスプ+』
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  https://www.youtube.com/watch?v=ROzoG2hZqMc&t=2469s

【番宣】今日のおかずはなんでしょうか?

【番宣】今日のおかずはなんでしょうか?
通報する
○日本SPREAD!!金曜のおかずはフライデー

2017/10/13(金) 開場:20:57 開演:21:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv306951945

my日本がお送りする政治トークバラエティ、my日本SPREAD!!
jkl-furukawaがお届けします!

---
■おしながき

◆Headline GoGo!!

 時事ネタを中心にお話しします。
 選挙も大方の流れが出てきましたので、その辺りの話をしようと思います。

◆jklが行く!!

 今回は、素材不足の為、JKLは何処へ行った?になります。

今日も21時に始めようと思います。

いつもの絶望番組ですが、今回も某かの光明が見いだせる番組にしたいと思います。

選挙報道から情勢を見れば

大手メディアの選挙関連の情勢について記事をまとめました。

自民、単独過半数の勢い…衆院選・序盤情勢調査 2017年10月11日 23時00分
http://www.yomiuri.co.jp/election/shugiin/2017/news2/20171011-OYT1T50101.html
---
衆院選 序盤調査 自公300超うかがう
https://mainichi.jp/senkyo/articles/20171012/k00/00m/010/149000c
---
序盤情勢 自公300議席うかがう 希望、伸び悩み 立憲民主は倍増も
http://www.sankei.com/politics/news/171012/plt1710120022-n1.html
---
与党300議席に迫る勢い 衆院選序盤情勢 自民、単独安定多数も 希望は選挙区で苦戦
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO22128470R11C17A0MM8000/
---
自民堅調、希望伸びず立憲に勢い 朝日新聞情勢調査概況
http://www.asahi.com/articles/ASKBC5D4HKBCUZPS001.html?iref=comtop_8_08
---

==================

所感としては、小選挙区は自公がガチガチに固めていたので、希望や立憲は、浮動票を頼りする局面だと予測していました。

大方、小池百合子氏悪名でも、兎に角名前を多くメディアに乗せて記憶させる所は、ある程度の成功はありました。

しかし、そこから投票する動機にいたるまでの焚き付けに失敗した感がありますね。

最初の焚口には、成功しました。そこから十分の乾燥していない木をくべてしまいましたね。

こうなると投票率があがっていても、浮動票での自公の割合が増えているなら、この時点で勝負は決しましたね。

さて、70議席辺りをラインにしている希望は、いずれ自民党のディールを行う可能性も否定できません。

恐らく小池百合子氏は、選挙後の展開に向けて事を進めているでしょうね。

同じく安倍晋三氏も同様でしょう。

しかしながら、その後の11月にトランプ氏が訪中します。

ここで、大きく情勢が変わると思います。

更に新燃岳の噴火と年末は風雲急を告げる展開にならなければと心配していますが、杞憂であって欲しいと思う所です。

保守以前に独身は、落伍者と言う感覚が必要だろうね

おっちゃんも、そうなんだけど。

結局、愛国とか保守とか以前に、家庭が作れないのは、社会人として割りと落伍者
とおもっていたりするのよね。

感覚的に何を言おうと、それがあるので参考程度で受けては考えて欲しいですね。

まあ、耳を塞ぐか目を塞ぐ方々もいらっしゃいますが、現実ですので。

my日本SPREAD!!アーカイブ(10/2-10/8)


my日本SPREAD!!のアーカイブです。
タイムシフトができない方はこちらへどうぞ

http://www.youtube.com/user/jkl5046b/videos

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
● h291003 my日本SPREAD!! ~火曜にむちゅーずでぃ~
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  https://www.youtube.com/watch?v=aBxdZNO-jv0

- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -
● h291006 my日本SPREAD!!金曜のおかずはフライデー
- - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - - -

  https://www.youtube.com/watch?v=m19wb4Vj22M

【番宣】今日のおかずはなんでしょうか?

○日本SPREAD!!金曜のおかずはフライデー

2017/10/06(金) 開場:20:57 開演:21:00
http://live.nicovideo.jp/watch/lv306951932

my日本がお送りする政治トークバラエティ、my日本SPREAD!!
jkl-furukawaがお届けします!

---
■おしながき

◆jklが行く!!

今回は、「~グローバルフェスタ特集~」です。
ゲストに九段の櫻さんをお迎えして、当日の模様をお伝えします。

また、ドイツビールフェアもありましたので、その模様もお送りします。

今日も21時に始めようと思います。

いつもの絶望番組ですが、今回も某かの光明が見いだせる番組にしたいと思います。

悔いの無い投票を


これを見るといよいよ始まりを感じます。

国民の意思を伝える大事な選挙です。

東京9区のおっちゃんも一生懸命考えて投票致します。

本当に大事な大事な選挙なんです。

いつも申しますが質の高い投票が、政治家を怠けさせません。

これは、右左関係なく言える事ですし、この大事な行為が民主主義の根本でございます。

勿論、my日本の皆さんは少なくとも投票をするでしょう。

さあ、頭の汗を流しましょう!!

【苦言】赤いキツネ、緑のタヌキの東洋水産の創始者について

未だに、小池氏を馬鹿にするワードに緑のタヌキと発信している方々がいますが、

東洋水産の創設者は、ノモンハンの生き残りですからね。

軽々しく赤いキツネや緑のタヌキとか書かないで欲しいですね。

10月3日は、中川昭一氏の命日


今日は、中川昭一氏が亡くなられた日ですね。

今の情勢を見て、彼は何を思うのだろうか?

金曜のおかずでの与太話

自身の放送中に、与太話でこんな話をした。

希望の党の小沢一郎氏が国会で北朝鮮に対して自民党時代に何をやったかを全部白状したら、おっちゃんは、熱い手のひら返しをするだろう。

そして、官僚(特に外務省)と自民党は、その行為に恐怖するだろう。

更に、おっちゃんが「おざわさぁぁ~~~~んっ!!」と大泣きをするでしょうね。

…てね。