FC2ブログ

突っ込み所だらけの都条例案

◆新型コロナ罰則付き、都民ファ条例案で物議 「感染させたら過料」条文粗く他会派冷ややか 東京新聞
https://www.tokyo-np.co.jp/article/57059


「感染を疑うに足りる正当な理由のある人」がどれだけいるのか?

例えば、ステルス感染者が増えそうな気がしてならないね。

の記事には、以下の条件があるそうだ。

(1)感染の疑いがある人が検査を拒否した場合
(2)療養中などの感染者が就業制限、外出自粛要請に反して他人に感染させた場合
(3)店舗などの事業者が、休業要請などに従わずに一定人数以上の感染者を出した場合―が対象で、いずれも全国初とうたう。

感染者でも熱が出ないでステルス感染者は、止めようが無い。
更に他人に感染した証明はどうするのか?
それと【罰則付き】の【自粛要請】って意味が分からない。

・自粛
《名・ス自》自分から進んで、行いや態度を改めて、つつしむこと。

・要請
1.《名・ス他》必要な事が実現するように、願い出て求めること。
 「立候補を―する」
2.《名》学問で、論証はできないが、認識・理論の成立の前提として必要とするもの。公理。公準。


まず、自粛と要請がくっつくのが意味不明。

更に自粛要請を従わないと罰則も意味不明。

それは、【強制】でしょう。

・強制
《名・ス他》力ずくで、または権力によってさせること。無理じい。

素人がここまで突っ込めるのに、プロと呼ばれる政治集団が、この体たらく…

まあ、(3)に関する話は、昨今の平塚氏のクラスタフェス騒動がキッカケだろう。

◆国民主権党~平塚正幸(さゆふらっとまうんど)さんに日本第一党&桜井誠さんについての印象はどうかインタビューしました。
https://www.youtube.com/watch?v=sYs6SEO8US8

この中で桜井誠氏がヘイトスピーチ法案になるキッカケを作ったと話しています。

彼は、桜井誠氏に言った話(彼の中のロジック)と同様の事を行ってしまったと言えますね。

まあ、さゆふらっと事平塚氏の小物はほっといて…

それにしても…ため息しかでない都議会の光景です。
スポンサーサイト



第75回国連総会における菅内閣総理大臣一般討論演説から見る拉致処分

https://www.kantei.go.jp/jp/99_suga/statement/2020/0926enzetsu.html

---
議長、北朝鮮による拉致問題は、国際社会の重大な関心事項です。私自身も、この問題に長年取り組んできました。今年、拉致被害者の御両親お二人が、お亡くなりになりました。必死に救出活動に取り組まれながら、最愛の子供との再会を果たすことなく旅立たれた御家族の思いを想像するだけで、胸を締め付けられる思いです。拉致被害者御家族が御高齢となる中、拉致問題の解決には一刻の猶予もありません。日本として、日朝平壌(ピョンヤン)宣言に基づき、拉致、核、ミサイルといった諸懸案を包括的に解決し、不幸な過去を清算して、国交正常化を目指す考えに変わりはありません。日本の新しい総理大臣として、私自身、条件をつけずに金正恩(キム・ジョンウン)委員長と会う用意があります。日朝間の実りある関係を樹立していくことは、日朝双方の利益に合致するとともに、地域の平和と安定にも大きく寄与するでしょう。あらゆるチャンスを逃すことなく、全力で行動していきます。
---

要約するとこうだ。

時間をかけた拉致問題に取り組む中、横田滋さんを始めとする訃報があり、胸が痛むと共に解決を更に急がねばと行動しなけと模索している。

その解決方法は以下の通り。

・平壌宣言に基づき国交正常化をする
・新しい日朝関係を築き上げる。
・条件を付けずに金正恩を会う。

だそうだ。

一応平壌宣言とは何か? をここに解説しましょう。

---

■日朝平壌宣言 平成14年9月17日
https://www.mofa.go.jp/mofaj/kaidan/s_koi/n_korea_02/sengen.html

 小泉純一郎日本国総理大臣と金正日朝鮮民主主義人民共和国国防委員長は、2002年9月17日、平壌で出会い会談を行った。
 両首脳は、日朝間の不幸な過去を清算し、懸案事項を解決し、実りある政治、経済、文化的関係を樹立することが、双方の基本利益に合致するとともに、地域の平和と安定に大きく寄与するものとなるとの共通の認識を確認した。

1.双方は、この宣言に示された精神及び基本原則に従い、国交正常化を早期に実現させるため、あらゆる努力を傾注することとし、そのために2002年10月中に日朝国交正常化交渉を再開することとした。
 双方は、相互の信頼関係に基づき、国交正常化の実現に至る過程においても、日朝間に存在する諸問題に誠意をもって取り組む強い決意を表明した。

2.日本側は、過去の植民地支配によって、朝鮮の人々に多大の損害と苦痛を与えたという歴史の事実を謙虚に受け止め、痛切な反省と心からのお詫びの気持ちを表明した。
 双方は、日本側が朝鮮民主主義人民共和国側に対して、国交正常化の後、双方が適切と考える期間にわたり、無償資金協力、低金利の長期借款供与及び国際機関を通じた人道主義的支援等の経済協力を実施し、また、民間経済活動を支援する見地から国際協力銀行等による融資、信用供与等が実施されることが、この宣言の精神に合致するとの基本認識の下、国交正常化交渉において、経済協力の具体的な規模と内容を誠実に協議することとした。
 双方は、国交正常化を実現するにあたっては、1945年8月15日以前に生じた事由に基づく両国及びその国民のすべての財産及び請求権を相互に放棄するとの基本原則に従い、国交正常化交渉においてこれを具体的に協議することとした。
 双方は、在日朝鮮人の地位に関する問題及び文化財の問題については、国交正常化交渉において誠実に協議することとした。

3.双方は、国際法を遵守し、互いの安全を脅かす行動をとらないことを確認した。また、日本国民の生命と安全にかかわる懸案問題については、朝鮮民主主義人民共和国側は、日朝が不正常な関係にある中で生じたこのような遺憾な問題が今後再び生じることがないよう適切な措置をとることを確認した。

4.双方は、北東アジア地域の平和と安定を維持、強化するため、互いに協力していくことを確認した。
 双方は、この地域の関係各国の間に、相互の信頼に基づく協力関係が構築されることの重要性を確認するとともに、この地域の関係国間の関係が正常化されるにつれ、地域の信頼醸成を図るための枠組みを整備していくことが重要であるとの認識を一にした。
 双方は、朝鮮半島の核問題の包括的な解決のため、関連するすべての国際的合意を遵守することを確認した。また、双方は、核問題及びミサイル問題を含む安全保障上の諸問題に関し、関係諸国間の対話を促進し、問題解決を図ることの必要性を確認した。
 朝鮮民主主義人民共和国側は、この宣言の精神に従い、ミサイル発射のモラトリアムを2003年以降も更に延長していく意向を表明した。

 双方は、安全保障にかかわる問題について協議を行っていくこととした。

---

 菅総理の言う国交正常化とは具体的に何か?
 
・無償資金協力

 所謂ODAです・
 
 ■開発協力,ODAって何だろう(外務省)
 https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/about/oda/oda.html

 要は、病院とか学校とか飲料水とかの設備を税金を使って整備する事です。
 ちなみに貸しではなく、プレゼントです。

・低金利の長期借款供与

 ■円借款制度に関する懇談会報告書
 https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/seisaku/keitai/enshakan/sei_1_12_3.html

 これは、インフラ整備に使う低金利の借金。

 ■円借款供与条件表
 https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/files/000522173.pdf

 金利は、最貧国なので1%以下です。0.01%も十分ありえます。
 アンタイドローンなので、日本のゼネコンが受注100%ではありません。外国企業と相見積もりです。


・国際機関を通じた人道主義的支援等の経済協力

 ■国際機関
 https://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%A9%9F%E9%96%A2#:~:text=%E5%9B%BD%E9%9A%9B%E6%A9%9F%E9%96%A2%20%EF%BC%88%20%E3%81%93%E3%81%8F%E3%81%95%E3%81%84%E3%81%8D%E3%81%8B%E3%82%93,%E3%82%92%E8%A1%8C%E3%81%86%E7%B5%84%E7%B9%94%E3%81%A7%E3%81%82%E3%82%8B%E3%80%82

 世界銀行やアジア開発銀行とかによる支援
 ちなみにアジア開発銀行の拠出金第一位は我が国日本。
 アジア開発銀行の主席に、財務大臣と日銀の椅子が設けられている。

 ■ERINA(公益財団法人環日本海経済研究所)
 https://www.erina.or.jp/

 アジア開発銀行研究所長であった河合正弘は、現在ここの代表理事の椅子に座っている。
 つまり、国交正常化をにらんで動きだとおっちゃんは、予測している。

 しかも、AIIBは、北朝鮮をキックアウトしている、カタカナ保守は「ざまあ」と言って笑っているが、おっちゃんは深刻に受け止めている。
 何故か?
 北朝鮮のインフラ整備諸々は、日本に任せる気がありありだからだ。


・民間経済活動を支援する見地から国際協力銀行等による融資

 民間とは政府とのつながりがある銀行の支援もあります。

 ■国際協力銀行
 https://www.jbic.go.jp/ja/





 以上の様に、この菅総理の言っている意味を、ネットでかじっただけでも、どれだけ拉致問題が処分され、更に国交正常化によって我が国の血税が湯水の如く使われる事を暗示しているのです。

 改めていいます、いまからでも平壌宣言を破棄しないと拉致問題だけでは済まされない事態を招き我が国は、理不尽な税金の使い方を余儀なくされる事になります。
 
 もちろん財源は、増税です。消費税も増税する事になるでしょう。
 
 耐えられますか?
 
 沢山の同胞を誘拐し核ミサイルで恫喝した国に、何が悲しくて税金を投入しなければいけないのか?
 
 おっちゃんは、耐えられません。

鯨塚のマップを更新



詳細なデータベースサイトを見つけたので、マップを更新できました。

これで、行きたい塚に行って確認してみますかね。

菅義偉、中小企業を潰す法案を検討

■菅氏、中小企業の再編促す 競争力強化へ法改正検討 2020年9月6日 2:00 [有料会員限定記事]

https://r.nikkei.com/article/DGXMZO63502940W0A900C2EA2000

菅義偉官房長官は5日の日本経済新聞のインタビューで中小企業の統合・再編を促進すると表明した。中小の成長や効率化の阻害要因とも指摘される中小企業基本法の見直しに言及した。アベノミクスの継承と同時に、グローバル市場における日本経済の競争力強化に政策の照準を定める。

新型コロナウイルス禍でマスクや医療機器などの供給が困難になった経験を踏まえ、中国依存を念頭に生産拠点の分散を進めると語った。「国民生活に
---

要するに、中小企業を潰すと言う事。

また、自殺者が増えるでしょうね。

基本的に菅首相になれば、グローバル路線を強化すると言う事。

もちろん、プライマリーバランスも遵守するでしょう。

安倍政権は、中号と戦う訳が無い

戦略的互恵関係とは 歴史問題など棚上げ 2013/1/26付
https://www.nikkei.com/article/DGXNASFS2503A_V20C13A1EA2000/

 
 かなり昔の記事ですが、大変重要な事を書いています。
 
 戦略的互恵関係は、第一次安倍政権の時代で日中で話され、福田政権にバトンを渡された。
 
 よく二階がどうとか以前に、政権で具体的に何を実行した事を時系列で捉えれば、大方わかる話なんですよねぇ…
 
 まあ、今更こんな事書いても何も変わらないけどね。

カタカナ保守の戯言

 カタカナ保守の人が言う、ちゃんとした総裁選を本当に時間がかかると言うのなら、副総理大臣の役割とは、一体何なんでしょうね?
 
 それと、全ての投票をあわせても石破は不利なのも事実。
 
 それでも今の形にすると言う事は、明らかに【何が何でも】石破の当選は、120%ありえない様に仕向けているという事。
 
 それが今の流れなんですよ。
 
 ちなみに、今は亡き関岡さんの証言では、菅氏が公演で移民に反対する総務省や警察庁をねじ伏せたと豪語していたという事。
 
 結局、米中に挟まれつつ両国から搾取される国へと落ちぶれていく事でしょう。
 
 正確に言えば、グローバル企業の草刈場。用済みになれば、捨てられる国家となるでしょうね。

誹謗中傷について

https://www.youtube.com/watch?v=Nx41e9D4dhs

この人は案件に、深く関係していない様ですね。

法人の誹謗中傷は、大やけどする典型ですね。

SNSでもそうですが、自分も直接的な名前や間接的な名前で誹謗中傷を受けた事がありますね。my日本でも多数いました。

そのmy日本も終わり、ココ最近の元誹謗中傷したブログを覗けば、既に頭破七分の人間が書いたような記事になっていましたね。

特に安倍首相退陣で特に病的な感じなっている感があります。

FBでも退陣で、狂気のポエムを書いている者や狂気の妄想記事を書いている者など様々です。

退陣の数日前にNLCで、その展開を知らされていたので、特に驚きも無く「やっぱりね」と思うくらいです。

さて、今後も政治的な混迷は続きますが、安倍政権の初期からおまかせ定食体質を指摘し続けてきて、本当に苦行の日々だったなと思います。

そして、誹謗中傷したブログでの荒廃ぶりを見て、小さな声で言いたい。

「ざまあねえな、ボンクラ共よ」

…と。

彼らは反省もしないでしょう。

このまま、是非突き進んで混迷の日々を送って頂くことを切に願います。