FC2ブログ

環境案がやばいね

「温室ガス、50年までに実質ゼロへ」 首相が所信表明 10/26(月) 14:30配信 朝日新聞デジタル

https://news.yahoo.co.jp/articles/be55917538e83adcf78c131edb8617ba3906a5a2

 第203回臨時国会が26日召集され、菅義偉首相は午後の衆院本会議で、首相就任後初めての所信表明演説を行った。温室効果ガスの排出量を2050年までに実質ゼロにする目標を新たに掲げた。自民党総裁選で前面に出した「デジタル庁」創設や不妊治療に対する支援、携帯電話料金の引き下げへの決意も示した。
 首相は「グリーン社会の実現」を成長戦略の柱に位置づけたうえで、「2050年までに、温室効果ガスの排出を全体としてゼロにする」と「宣言」した。政府のこれまでの目標は「50年までに80%削減」で、取り組み強化が必要となる。
 実現に向けた「鍵」として、次世代型太陽電池や、二酸化炭素を再利用する「カーボンリサイクル」などの研究開発を促進させる方針を示した。脱炭素社会に向けた国と地方の検討の場を創設することも打ち出した。原子力政策を進めるとするほか、温室効果ガスを多量に排出する石炭火力発電については「政策を抜本的に転換する」と述べた。
 「ポストコロナ」を見据え、デジタル化などの「大胆な規制改革」を掲げた。司令塔と位置付けるデジタル庁は「来年の始動に向け、早急に準備を進める」とした。あらゆる行政手続きをオンライン化するため、国と各自治体のシステムを今後5年で統一・標準化する目標を打ち出した。
---
 これ、相当やばいね。
 石炭火力発電がCO2排出の悪玉みたいに言っていますが、日本の石炭火力発電は、CO2の排出量少ないですよ。
 ましてや、石炭ガス化複合発電は、ほぼ天然ガスと同等とも言われています。
 
 明らかに特定の団体や企業のターゲットを絞って金儲けの手伝いをしているとしか思えません。
 
 それとどの道、二国間クレジットのお世話になりそうなので、その辺りも要注意です。
 
◆二国間クレジット制度(JCM)とは
https://gec.jp/jcm/jp/about/
スポンサーサイト



経済諮問委員最新情報 -r021023-

 経済諮問委員の最新情報です。皆さんの生活に関わる話なので是非ご覧下さいませ。
 
 主に、マイナンバーを始めとするデジタル化を進める事を中心に書かれています。
 
 気になるのは、働き方改革に加えて「生き方改革」と言う言葉が増えた事ですね。
 
 今後具体手な形で現れるでしょう。
 
 資料5が気になりますね。
 「外部人材の活用、リカレント教育、銀行改革、すべてが整って、初めて地方経済が活性化する。全体の改革が進行するよう諮問会議で確認するべき。」
 
 これは、移民も継続し、中小企業の外堀を埋める為の銀行改革でしょうね。
 数年後、生き残っている中小企業は、どれだけになるのか…
 
 想像するだけで恐ろしいです。
 
 
 
=================
第15回会議資料:会議結果 令和2年
=================

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1023/agenda.html

議事次第

令和2年第15回経済財政諮問会議

開催日時:令和2年10月23日(金曜日)11時00分~12時00分

開催場所:総理大臣官邸2階大ホール

議事

(1) 地方への人の流れ

(2) デジタル化の加速

議事次第

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1023/shidai.pdf

資料

資料1-1 「新しい人の流れ」の創出で経済に活力を(有識者議員提出資料)

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1023/shiryo_01-1.pdf

資料1-2 「新しい人の流れ」の創出で経済に活力を(参考資料)(有識者議員提出資料)

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1023/shiryo_01-2.pdf

資料2-1 デジタル化の加速により利便性の高いサービスと新産業の創出を (有識者議員提出資料)

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1023/shiryo_02-1.pdf

資料2-2 デジタル化の加速により利便性の高いサービスと新産業の創出を (参考資料)(有識者議員提出資料)

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1023/shiryo_02-2.pdf

資料3 規制改革の取組について(河野臨時議員提出資料)

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1023/shiryo_03.pdf

資料4-1 ポストコロナの社会に向けた地方回帰支援(武田議員提出資料)

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1023/shiryo_04-2.pdf

資料4-2 行政のデジタル化の加速化について~地方行政のデジタル化を中心に~(武田議員提出資料)

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1023/shiryo_04-2.pdf

資料5 竹森議員・柳川議員提出資料

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1023/shiryo_05.pdf

資料6-1 新浪議員提出資料

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1023/shiryo_06-1.pdf

資料6-2 新浪議員提出資料(参考資料)

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1023/shiryo_06-2.pdf

資料7 成長戦略会議の設置について(10月16日成長戦略会議配布資料)

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1023/shiryo_07.pdf

温暖化ガス削減と二国間クレジット 菅首相の発言から見えるものとは?

◆温暖化ガス排出、2050年に実質ゼロ 菅首相が表明へ
https://www.nikkei.com/article/DGXMZO65278360R21C20A0MM8000/
政府が温暖化ガスの排出量を2050年に実質ゼロにする目標を掲げることが分かった。菅義偉首相が26日、就任後初の所信表明演説で方針を示す。欧州連合(EU)は19年に同様の目標を立てており、日本もようやく追いかける。高い基準の国際公約を達成するため、日本は産業構造の転換を迫られる。
50年に排出量を全体としてゼロにし、脱炭素社会の実現を目指すと表明する見通しだ。50年に二酸化炭素(CO2)などの温暖…
---
 いやはや…なんとも酷い話ですな。
 昔国連で、鳩山の演説に匹敵する恐ろしい発言ですよ。
 
 もう1つ言えば、二酸化炭素商売は、舌なめずりしているでしょうね。

 ◆二国間クレジット制度(JCM)
 https://gec.jp/jcm/jp/about/
 ここにかいてある案件でみれば実質ゼロになる為に、この制度でどっかの企業が潤うのです。
 ちなみに日本企業ならそれでも良いのですが、そんな保障は無いでしょうね。
 実際にプロジェクトの落札業者を見ればお察しのとおりです。
 

ベトナムの外遊結果:外務省HPを見た所感

====================================
◆菅首相、ベトナム首相と会談…「自由で開かれたインド太平洋」で連携確認へ
====================================
https://news.yahoo.co.jp/articles/b1baf1cc53379819c3263cdeb8b5f1592afa6957

 安全保障以外は、かなり端折っていますね。
 こういう時は、外務省のHPをみた方が早いですね。
 
 早速みてみましょうか、少しだけ長いですよ。

 で、その下に解説を入れています。
 内容は、お察しください。

=====================
◆日・ベトナム首脳会談 令和2年10月19日
=====================

https://www.mofa.go.jp/mofaj/s_sa/sea1/vn/page1_000888.html

 19日、ベトナムを訪問中の菅義偉内閣総理大臣は、グエン・スアン・フック首相(H.E.Mr. Nguyen Xuan Phuc, Prime Minister of the Socialist Republic of Viet Nam)による歓迎式典に引き続き、午前8時50分頃(現地時間)から約80分間、同首相と首脳会談を実施したところ、概要は以下のとおりです。

1 冒頭
 フック首相から、菅総理の総理大臣就任に改めて祝意を表し、ベトナム訪問を歓迎しました。

 菅総理は、総理大臣就任後初めての外国訪問先として、ベトナムを訪問でき嬉しい、ベトナムは「自由で開かれたインド太平洋」を実現する上で要となる重要なパートナーであり、新政権においても引き続き、「インド太平洋国家」として地域の平和と繁栄のために連携し、貢献していきたい旨述べました。これに対し、フック首相からは日本の変わらぬ立場を歓迎するとともに、菅総理と緊密に連携していきたい旨発言がありました。

2 新型コロナからの回復
 両首脳は、ビジネストラックの運用開始と、双方向の定期旅客便の再開について合意しました。フック首相からは、これらの合意について歓迎するとともに、日本からの40億円規模の医療物資・機材支援及び技術協力に対し、謝意を述べました。

 また、菅総理は、サプライチェーンの多元化を図る日本企業の取組の後押しに力を入れている旨述べるとともに、コロナ禍で生活に困っている技能実習生・留学生などの在日ベトナム人への支援を行っている旨述べました。フック首相からは、日本政府の取組に感謝する、引き続き在日ベトナム人への配慮をお願いしたい旨発言がありました。

 両首脳は、両国で協力し、新型コロナからの回復軌道を描いていくことで一致しました。

3 二国間関係
(1)人道支援・防災協力
 菅総理は、ベトナム中部で豪雨により甚大な被害が出ていることを受け、日本が緊急援助物資を供与するとともに、防災大国である日本の知見や経験を共有していきたい旨述べました。これに対し、フック首相から支援について感謝する旨発言がありました。

(2)特定技能・技能実習
 菅総理は、特定技能についてベトナムからの送出し手続が整備されたことを歓迎しました。また、両首脳は、技能実習及び特定技能における悪質なブローカーの介在や、訪日する際の過度な費用負担の排除のため、引き続き協力することで合意しました。

(3)経済協力・経済関係
 菅総理は、ホーチミン市の水環境改善計画及び地球観測衛星開発計画について早期の国際約束締結に向けて連携していきたい旨述べるとともに、ホーチミン市都市鉄道1号線の早期完工等、ベトナム政府と協力してインフラ整備等を進め、引き続きベトナムの経済発展を支援していく旨述べました。フック首相からは、日本はベトナムにとって最大のODA供与国であり、これまでの日本の支援に対する謝意が表明されました。

 また、両首脳は、農業分野において、日本産うんしゅうみかんの解禁とベトナム産生果実の検査体制の簡素化、ベトナム産リュウガンの解禁の早期実現を目指すことで一致しました。

(4)安全保障
 両国間で、防衛装備品・技術移転協定が実質合意に至ったことを歓迎しました。また、先般の海上自衛隊護衛艦及び潜水艦のカムラン湾寄港を含め、両国間の安全保障協力が着実に進展しているとの認識で一致しました。また、フック首相から、テロ対策資機材供与に関する国際約束が締結されたことを歓迎する旨述べました。

(5)外交関係樹立50周年
 菅総理は、2023年は日ベトナム外交関係樹立50周年であり、経済・文化・人的交流を活性化させる契機としたい旨述べました。これに対し、フック首相は、50周年に向け、菅総理と緊密に連携したい旨述べました。

4 地域情勢
 菅総理は、「インド太平洋に関するASEANアウトルック(AOIP)」と「自由で開かれたインド太平洋(FOIP)」は多くの本質的な共通点を有しており、日本はAOIPを全面的に支持する旨述べるとともに、11月に予定されるASEAN関連首脳会議に向けて協力を進めたい旨述べました。

 これに対し、フック首相から、ベトナムはAOIPとFOIPの連携を支持する、ASEAN関連首脳会議に向け、引き続き協力していきたい旨述べました。

 また、両首脳は、南シナ海や北朝鮮を含む地域情勢についての緊密な連携を確認するとともに、拉致問題の早期解決について、フック首相から支持を得ました。

 菅総理は、来年、日メコン首脳会議を日本で開催する予定であり、フック首相を日本に招待したい旨述べました。

---
 二国間関係の所が、なんとも言えない気分になります。
 
(1)人道支援・防災協力
 まず、ベトナムの前に我が国の防災対策しなさいな。日本国民の命を放ったらかしにして他国の命を守る最低な行為だと思いますね。

(2)特定技能・技能実習
 ベトナムは、移民に積極的ですからね。我が国も移民流入に余念がありません。
 外国人犯罪も増えるでしょう。

(3)経済協力・経済関係
 でましたODA・円借款。説明の無い事ですが、ベトナムが最大のODA供与国となっているそうですな。
 先日紹介した、LEAP・ACPを更に発展させるでしょう。

(4)安全保障
 これもアメリカの安全保障の一貫なのでしょうが、これを行って、中国とのビジネスをどう結びつけるのか?
 ビジネスと安全保障は、両立するのは、極めて難しいですからね。
 戦略を見守りますかな。期待していませんが。

(5)外交関係樹立50周年
 これは、おまけ。特にコメント無しです。

未来投資会議と三浦瑠麗、そして【SDGs】


未来投資会議に在籍した三浦瑠麗が株式会社山猫総合研究所の所長をやっているんだけど…

旦那が元外務省で腑に落ちました。

株式会社山猫総合研究所でSDGsをすすめる事業があるのよね。

◆About us
https://yamaneko.co.jp/about/
株式会社山猫総合研究所は2015年に設立、以来シンクタンク、コンサルティングサービスを提供する会社として活動してまいりました。平和のための課題に加え、内外の政治経済・社会問題の調査分析や政策提言を行っているほか、社会的な啓蒙活動を使命としております。
日本社会が抱える課題に取り組むとともに、持続可能な開発目標(SDGs)実現に向けた国際社会の取り組みに賛同し、それに貢献する調査研究・啓蒙活動を行ってまいります。
---

◆SDGsとは?-外務省-
https://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/sdgs/about/index.html


なんともはやですね。

彼女をホシュとか言っていた人達は、この現実を見て何を思うのだろうか…

LEAP と ACP 海外に流れる日本の税金

https://www.customs.go.jp/seisakuhyouka/H27hyoukasho/annex-sei6-2.pdf
アジア気候変動対策ファンド「Asia Climate Partners LP」、平成28年3月には、アジアにおける質の高いインフラを促進するため、アジア開発銀行が設立した信託基金「LEAP」への出資契約を締結する等の実績をあげています。
---

ACPとは何者ぞとおもったのでJICAのHPに飛びますと以下の記事に突き当たります。

◆気候変動対策分野を投資対象とするアジア地域最大規模のファンドに出資:国際機関等との連携により、気候変動ファイナンスの拡大に貢献
2015年12月11日
https://www.jica.go.jp/press/2015/20151211_01.html


民間とADB・JICAの共同出資による基金と言う訳なんですよ。
要するに、私達の税金もこの基金に流れ込んでいます。

更にACPのHPをみると…

http://asiaclimatepartners.com.hk/portfolio.php

↑↑↑
ここのURLをみると、熊猫緑色能源集団有限公司が関わっていますね。

見るとわかりますが、最近は、北京能源国际控股有限公司に屋号を変えたみたいですね。

こちらのURLに書いています。
↓↓↓↓
http://www.pandagreen.com/cn/index.php/shouye


◆会社概要
https://gfjob.bjx.com.cn/vip/zsnew/
株主に以及亚开行旗下气候基金亚太气候资本(ACP)と書いていますね。

現在本社は、香港ですが社名で暗示していますね。
「包括内蒙、青海、宁夏、山西、湖北、新疆、甘肃、云南、山东、江苏、河北、广东」の地域も請け負っている様ですね。


以上の所から見ると、私達の税金が預かり知らぬ所で使わている例の1つだと思います。

質の高いインフラは、我が国でやってくれ

◆ADBとフーイエンJSCは257メガワットの太陽光発電 事業向けにベトナム初の認定グリーン・ローンを締結
https://www.jica.go.jp/press/2015/20160330_01.html

この支援は、ADBによる2,790万ドルの直接融資と、商業銀行の出資による1億4,880万ドルのシンジケートBローン、およびアジアインフラパートナーシップ信託基金(LEAP)が提供する930万ドルの融資で構成される。このBローンは、気候債券イニシアチブ(CBI)により認定された、アジア・太平洋地域初となるグリーンBローンであり、ベトナムで過去最大級となる。参加する商業銀行には、バンコク銀行、カシコン銀行、キアットナーキン銀行、中国工商銀行、スタンダード・チャータード銀行などが含まれる。グリーン・ローンは、環境または気候変動に関連する便益をもたらす、新規または既存のプロジェクトに資金を提供するために使用される。
---

ADBだけでなく、中国の銀行も一枚かんでいますね。
LEAPって団体が気になったね。

---
LEAPは、国際協力機構(JICA)が15億ドルを出資して2016年に設立した。ADBの開発途上加盟国における質の高い、持続可能な民間セクターのインフラ事業の実施を支援しており、支援対象分野は二酸化炭素の排出削減、省エネルギー、適度な負担での医療や教育、情報通信サービスの提供など多岐にわたる。
---

詳しくは、JICAのHPに書いていますね。

◆アジア開発銀行が設立する信託基金への出資契約締結:アジアにおける質の高いインフラ投資を促進
https://www.jica.go.jp/press/2015/20160330_01.html

---
2015年11月21日に日本政府より発表された「質の高いインフラパートナーシップ」のフォローアップ施策において、JICAとADBの間での信託基金の創設が言及されました。以降、本信託基金の実現に向けて、両機関は2015年12月17日に連携枠組みにかかる業務協力の覚書(MOU)を締結し、具体的な契約条件等について今般合意に至りました。
---

さて、質の高いインフラですね。誰がそんな事を言ったのかと言えば、安倍晋三ですね。

そして、これは現在でも続き、未来へと続きそうです。

税金を収めている一国民としては、質の高いインフラは、海外より先に我が国にやって下さいませと言いたくなるね。

そうでなくとも、台風を始めとする自然災害で亡くなる人が今でもいますのでね。

自国の国民の命を蔑ろにして、海外に良い顔するなよな…と小さな声で言いたい。

杉田水脈とカタカナ保守議員

https://news.yahoo.co.jp/articles/89a1058717ba6d31e32042fc868cd2cd34b4fee0

まあ、ここに書いている通り「一本釣り」ですね。

他に一本釣りのホシュ議員は、それなりにいますね。

逆に言えば、飼いならすことによって、より右的な批判をする可能性のある芽を摘んだとも言えるでしょう。

-r021006- 経済財政諮問会議

 -r021006- 経済財政諮問会議の最新情報です。
 
 私達の生活に大きな影響と与えますので、是非ご覧ください。
 
 先日話した竹中平蔵の本で書いていた事が具体的に実現しようとしています。
 
 一番の見所は、資料2-2の経済・財政一体改革推進委員会です。
 
 ここを実現するための編成は、既に組み上がっています。
 
 

===================
❙第14回会議資料:会議結果 令和2年
===================
https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1006/agenda.html


❙議事次第

令和2年第14回経済財政諮問会議

開催日時:令和2年10月6日(火曜日)16時00分~17時00分
開催場所:総理大臣官邸2階大ホール

❙議事

(1) 新内閣の重点課題

▶議事次第

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1006/shidai.pdf

❙資料

▶資料1 感染防止と社会経済活動の両立について(西村議員提出資料)

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1006/shiryo_01.pdf

▶資料2-1 新内閣における経済財政運営と重要課題について(有識者議員提出資料)

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1006/shiryo_02-1.pdf

▶資料2-2 新内閣における経済財政運営と重要課題について(参考資料)(有識者議員提出資料)

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1006/shiryo_02-2.pdf

▶資料2-3 柳川議員提出資料

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1006/shiryo_02-3.pdf

▶資料2-4 新浪議員提出資料

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1006/shiryo_02-4.pdf

▶資料2-5 竹森議員提出資料

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1006/shiryo_02-5.pdf

▶資料2-6 中西議員提出資料

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1006/shiryo_02-6.pdf

▶資料3 経済・財政一体改革推進委員会 委員名簿

https://www5.cao.go.jp/keizai-shimon/kaigi/minutes/2020/1006/shiryo_03.pdf

今後の社会・竹中平蔵「ポストコロナの日本改造計画」を読んで

竹中平蔵の著書「ポストコロナの日本改造計画」をななめ読みしました。

ざっくりまとめると以下のとおり。

① コロナを契機にデジタル資本主義を加速させる。
 所謂、スペイン風邪でアメリカが世界の覇権を握った例を使い、デジタル社会を進めて技術革新とかで世界にリードする事をしたいらしい。
 ここの利権に、あの企業が食い込みたいのは、以前のエントリーで実証済みですね。

② コロナ以降成長しな企業は、敢えて潰す。
 これも中小企業再編の法案へのネタ元ですね。
 要するに、コロナ以降で成長しな企業は、有益な企業だけを残したいそうです。
 その際、失業者はデジタル社会の中での選択肢を多く与えるそうだ。ウソつけと言いたいね。

③ スマートシティとデジタル社会の連動
 当然マイナンバーの紐付けも多くつないで、社会保険もマイナンバーで管理。
 これとベーシックインカムを組み合わせるとニッチモサッチモ行かなくなるでしょうね。

④ スマートシティとIRの連動
 当然、マイナンバーで管理しているので貧乏人は、カジノに行けません。
 せいぜい、1円パチンコで楽しむ位になるでしょう。

⑤ 東京都23区を政府直轄の特別区へ
 最終的に道州制にまでつなげたりらしい…
 例にワシントンDCの様にすれば良いと書いている。
 もちろん都知事はなくなり、東京都担当大臣となります。
 狂っているでしょ?
 更に、東京都の資産も民間活用の名の下に売却した方が良いと書いている。

⑥ 格差社会なのでベーシックインカムが必須になる
 挙句の果てに月7万のベーシックインカムを導入して、社会保障を廃止する。
 彼が言うには、ベーシックインカムがセーフティネットになるそうだ。
 発想がぶっ飛んでいますね。


こんな感じです。

あとがきに、気になる言葉が書いてありましたね。

「誰もが取り残されない」よう、「デジタルミニマム」設定すべきこと

これは、民主党の菅直人が総理大臣時代に言っていた「最小不幸社会」の看板を書き換えたとも言えますね。

以上の話から菅政権で何がはじまるのかが、朧げながら見えて来ました。

ですので、今後は、大失業時代に伴う最小不幸社会に巻き込まれた国民は、デジタル社会の中で多くの貧乏人を排出し、ごく一部の富裕層が悠々自適の生活をしている世界が繰り広げられる事でしょう。

政府や上級国民は、こういうでしょう。

不幸をこれだけ軽減してあげたんだから、感謝したまえよ。

…と。

リストラ助成金とパソナ

 既出の話題ですが…とある動画を見て気になったので、例の企業がどれだけ関わっているのかを軽く纏めて見た。
 
 その動画は、東京だけだったので、全都道府県を見てみた。
 
 その前に、労働移動支援助成金と言う制度がございます。簡単に言えば、リストラの再就職をすると助成金が貰えると言う話だ。

======================
■労働移動支援助成金(早期雇入れ支援コース)
======================

再就職援助計画などの対象者を離職後3か月以内に期間の定めのない労働者として雇い入れ、継続して雇用することが確実である事業主に対して助成します。

---

で、以下の事業者一覧表をみると、見覚えのあるパソナと言う企業が名を連ねている。

困った事に、この記事をみるとリストラ助成金がパソナに流れる構造になっています。

◆税金でリストラ支援!!~「リストラ助成金」による被害回復を~
https://news.yahoo.co.jp/byline/shimasakichikara/20160318-00055561/

◆産業競争力会議 議員名簿
https://www.kantei.go.jp/jp/singi/keizaisaisei/skkkaigi/pdf/meibo.pdf

竹中 平蔵 東洋大学教授、慶應義塾大学名誉教授

---

 見れば一目瞭然、名簿にしっかり載っていますね。

 更にパソナのHPを見れば…

◆パソナグループ > パソナグループ採用情報 > パソナグループを知る > トップメッセージ
https://www.pasonagroup.co.jp/recruit/message/

取締役会長 竹中平蔵

---

 …となっています。
 以下は、その取り扱い事業者でパソナの名前を纏めた内容です。
 全都道府県に存在します。

 ある意味、金の亡者としか思えない所業。今度は、デジタル関連やベーシックインカムで一儲けを狙っている事でしょう。


================
■取り扱い職業紹介事業者等一覧表
================
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/joseijigyousya.html

◆北海道

㈱パソナ・函館
㈱パソナ・札幌
㈱パソナ・苫小牧
(株)パソナジョブサポート北海道支店

◆青森

パソナ・青森

◆岩手

㈱パソナ パソナ・盛岡
㈱パソナ パソナ・盛岡北
㈱パソナ パソナ・一関

◆宮城

パソナ・仙台
株式会社パソナキャリア支援事業本部登米支店
株式会社パソナジョブサポート東北支店

◆秋田

㈱パソナ パソナ・秋田

◆山形

株式会社パソナ パソナ・山形
株式会社パソナ パソナ・米沢

◆福島

ふくしま生活・就職応援センター会津若松事務所(福島県委託事業)
ふくしま生活・就職応援センターいわき事務所(福島県委託事業)
パソナ・郡山西
ふくしま生活・就職応援センター郡山事務所(福島県委託事業)
パソナ・福島
ふくしま生活・就職応援センター南相馬事務所(福島県委託事業)

◆茨城

パソナ・鹿島
パソナ・つくば
パソナ・日立
パソナ・水戸

◆栃木

㈱パソナ パソナ・宇都宮
㈱パソナジョフサポート 栃木支店
㈱パソナ キャリア支援事業本部佐野支店
パソナキャリアカンパニー 真岡支店

◆群馬

パソナ・前橋
パソナ・高崎
パソナ・太田
パソナ・太田 パソナ・太田飯田町

◆埼玉

㈱パソナ安川ビジネススタッフ埼玉支店
川口就労ステップアップ事業(川口市委託事業)
パソナ・川越
パソナ・熊谷
(株)パソナジョブサポート埼玉支店2
パソナ・さいたま
セカンドキャリアセンター運営等就職支援事業等(埼玉県委託事業)
パソナ・所沢
㈱パソナ・本庄

◆千葉

パソナ・柏
パソナ・木更津
㈱パソナジョブサポート 千葉支店
㈱パソナ ちばでお仕事促進事業(千葉県委託事業)
パソナ・千葉中央
パソナ・幕張
パソナ・船橋

◆東京

生活保護受給者等就労支援事業(板橋)(板橋区委託事業)
生活保護受給者等就労支援事業(赤塚)(板橋区委託事業)
生活保護受給者等就労支援事業(志村)(板橋区委託事業)
板橋ジョブトレーニングセンター(板橋区委託事業)
江戸川区就労支援事業(生活援護第一課)(江戸川区委託事業)
江戸川区就労支援事業(生活援護第二課)(江戸川区委託事業)
株式会社パソナ 江戸川区就労支援事業(生活援護第三課)(江戸川区委託事業)
北区くらしとしごと相談センター(北区委託事業)
北区ジョブトレーニングセンター(北区委託事業)
株式会社パソナ 江東区/生活保護受給者等における就労準支援事業(江東区委託事業)
渋谷区就労支援相談室(渋谷区委託事業)
パソナ・渋谷
キャリア支援事業本部新宿支店
パソナ・立川中央
パソナ・立川
就労支援研修センター(立川市委託事業)
株式会社パソナ本社
株式会社パソナパソナ本部
東京しごとセンター(東京都委託事業)
東京しごと塾・ミドルチャレンジ事業(東京都委託事業)
北九州U・Iターン応援東京オフィス(北九州市委託事業)
大田区就労意欲喚起事業(くすのき広場)(大田区委託事業)
株式会社パソナジョブサポート
株式会社パソナハートフル
株式会社 パソナフォーチュン
株式会社パソナフォスター
株式会社パソナマスターズ東京事業所
中野区就労支援事業及び就労準備支援事業(中野区委託事業)
株式会社パソナ 就労アシスト八王子(八王子市委託事業)
府中ジョブトレセンター(府中市委託事業)
東京テレワーク推進センターあだち就労準備支援センター(足立区委託事業)(無料職業紹介所)

◆神奈川

株式会社パソナ パソナ・厚木
株式会社パソナ パソナ・海老名
株式会社パソナ・小田原
株式会社パソナ パソナ・川崎
株式会社パソナ 就労支援研修センター(川崎市委託事業)
株式会社パソナ パソナ・武蔵小杉
株式会社パソナ・橋本
株式会社パソナ パソナ・横浜
株式会社パソナ 金沢区生きがい就労支援スポット(横浜市委託事業)
株式会社パソナ 生きがい就労支援スポット(横浜市委託事業)
パソナジョブサポート株式会社 神奈川支店
株式会社パソナ パソナ・厚木
株式会社パソナ パソナ・海老名

◆新潟

パソナ・柏崎
パソナ・新潟
パソナ新潟・万代
㈱パソナジョブサポート 新潟支店

株式会社パソナ・富山
株式会社パソナ富山市無料職業紹介所運営事業
株式会社パソナ富山くらし・しごと支援センター富山オフィス

◆富山

パソナ・金沢
株式会社パソナUIターンサポート石川

◆福井

パソナ・福井中央
パソナ・福井

◆山梨

パソナキャリアカンパニー甲府支店
パソナジョブサポート山梨支店

◆長野

パソナ・長野
パソナ・松本
株式会社パソナジョブサポート長野支店

◆岐阜

パソナ・岐阜

◆静岡

㈱パソナパソナ・静岡
㈱パソナパソナ・沼津
㈱パソナパソナ・沼津東
㈱パソナパソナ・浜松
㈱パソナパソナ・藤枝

◆愛知

㈱パソナ刈谷キャリアセンター
㈱パソナパソナ・東海
㈱パソナパソナ・豊田
㈱パソナ豊田市女性しごとテラス運営業務
㈱パソナパソナ・豊橋
㈱パソナパソナ・名駅
㈱パソナパソナ・名古屋

◆三重

パソナ・四日市
パソナ・鈴鹿

◆滋賀

㈱パソナパソナ・滋賀
㈱パソナパソナ・草津
㈱パソナパソナ・水口

◆京都

株式会社パソナパソナ・京都

◆大阪

(株)パソナ パソナ・大阪
(株)パソナ パソナ・西梅田
(株)パソナ いしかわ移住UIターン相談大阪センター
㈱パソナマスターズ 大阪事業所
(株)パソナ パソナ・難波
(株)パソナ パソナ・心斎橋
(株)パソナフォーチューン 大阪支店
(株)パソナ パソナ・梅田
キャリア支援事業本部 堺東事務所(堺市委託事業)
(株)パソナ パソナ・高槻

◆兵庫

(株)パソナパソナ・阪神
(株)パソナパソナ・神戸
(株)パソナパソナ・三宮
ソーシャルスポット西宮よりそい(西宮市委託事業)
(株)パソナパソナ・姫路

◆奈良

パソナ・奈良
就労支援研修センター(奈良市委託事業)

◆和歌山

パソナ・和歌山

◆鳥取

キャリア支援事業本部鳥取支店
パソナキャリアカンパニーミドル・シニア・レディーズ仕事ぷらざ鳥取(鳥取県委託事業)

◆島根

(株)パソナパソナ・松江
(株)パソナパソナ・出雲

◆岡山

㈱パソナ岡山
㈱パソナ岡山 イオンモール岡山PASONAお仕事ステーション
㈱パソナ岡山 大供オフィス
㈱パソナ岡山倉敷支店
㈱パソナ岡山 津山営業所

◆広島

㈱パソナ パソナ・広島
(株)パソナ岡山 福山支店

◆山口

パソナ・山口

◆徳島

パソナ・徳島

◆香川

パソナ・高松

◆愛媛

株式会社パソナパソナ・松山

◆高知

パソナ・高知

◆福岡

株式会社パソナ子育て女性就職支援センター(筑豊) (福岡県委託事業)
株式会社 パソナ北九州市U・Iターン応援オフィス・若者ワークプラザ北九州(小倉)(北九州市委託事業)
株式会社パソナ子育て女性就職支援センター(北九州) (福岡県委託事業)
株式会社 パソナパソナ・北九州
株式会社 パソナ安川ビジネススタッフ 小倉支店
株式会社 パソナパソナ・北九州東
株式会社 パソナ 戸畑福祉事務所 保護課 職業紹介所センター (北九州市委託 株式会社パソナ委託事業)
株式会社 パソナ 門司福祉事務所 保護課 職業紹介所センター (北九州市委託 株式会社パソナ受託事業)
株式会社 パソナ若者ワークプラザ北九州(黒崎)(北九州市委託事業)
株式会社 パソナ安川ビジネススタッフ 本社・黒崎支店
株式会社パソナ子育て女性就職支援センター(筑後) (福岡県委託事業)
株式会社パソナ子育て女性就職支援センター(福岡) (福岡県委託事業)
株式会社 パソナ福岡市生活自立支援センター  (福岡市委託事業)
株式会社 パソナパソナ・福岡
株式会社 パソナ安川ビジネススタッフ 行橋支店

◆佐賀

株式会社パソナ・パソナ・佐賀

◆長崎

株式会社パソナパソナ・長崎

◆熊本

パソナ・熊本

◆大分

㈱パソナ パソナ・大分

◆宮崎

パソナ・宮崎

◆鹿児島

パソナ・鹿児島

◆沖縄

パソナ・那覇