拉致問題成果無しにおいて、自民も民主も変わり無し

facebook に、ここ最近の拉致関連のニュースを見て書いたことをこちらに転載します。

はっきり言って、安倍晋三氏は拉致事件について成果無し。
彼の一丁目一番地は、どっかの辺境だったのでしょうね。

政権交代後の拉致に関する集会での安倍氏の発言を見れば、結果は推して知るべしだったのですけどね。前からコレは、書いている。

後出しジャンケンはしませんのでね。

---
拉致再調査 4日で1年、家族会「生存者即刻帰して」
 北朝鮮が拉致の再調査を始めて4日で1年となるのを前に、拉致被害者家族会が集会を開き、「北朝鮮は生きている日本人拉致被害者を即刻、帰国させるよう」訴えました。

 「北朝鮮が管理し、生きている日本人全てが、報告書に入っているはず。即刻帰せばいいわけです」(飯塚繁雄さん)
 「息詰まるような思いで、家族は・・・」(横田早紀江さん)
 「『なぜこれだけ放っておくのか』という思いが常にある」(増元照明さん)

 北朝鮮が特別調査委員会を設置し、拉致の再調査を始めてから4日で1年になります。横田さん夫妻ら拉致被害者家族は、「北朝鮮に調査報告書を出させることよりも、生きた拉致被害者を確実に帰国させることを念頭に交渉にあたってほしい」と訴えました。(02日00:46)

http://news.tbs.co.jp/sp/newseye/tbs_newseye2530656.html

================

お怒りはごもっともです。
時間差無いにも関わらず、何一つ踏み込む事は無い。
拉致家族会の安倍晋三氏の不信感は、間違いないでしょうね。
この件で、安倍首相を擁護するので有るのならばそれは、間違いなく信仰です。
---
結局政治は結果が重要だ。
大方、民主党時代と同じくらいの時間を自民党政権は費やした。
拉致問題について言えば、民主党も結果が出なかった。
そして、拉致問題の希望であった、安倍政権で同様の時間を費やして、結果が出なかった。
拉致家族会の怒り失望は、計り知れないでしょう。
結果だけ見れば、民主党と何が違うのでしょうか??
又、集会等で毎年恒例の「新たなる決意」が会場で何度も虚しく響き渡るのでしょうね。
一応、自分は仕事でサウンド作成を生業としている。
成果物も無く新たる決意だけだったらトックにお払い箱になっている。
これでもそれなりに品質と納期を、必死に守ろうとしています。
傍から見れば楽仕事をしてるなと、嫌味の一つも言いたくなります。
---

対北制裁の強化見送り 政府方針 拉致被害者救出を優先
産経新聞 7月2日(木)7時55分配信

政府は1日、北朝鮮による拉致被害者らの再調査開始から1年となる4日までに、北朝鮮から回答がない場合も制裁の強化は当面見送る方針を固めた。複数の政府高官が明らかにした。

 日朝の公式協議は昨秋の開催以降行われていないが、制裁強化により水面下で継続している対話が途絶えるリスクを回避し、前向きな回答を引き出したい考え。安倍晋三首相は周辺に対し、被害者救出を最優先に対応するよう指示。政府高官は「今、制裁を強化したら対話の扉が閉じてしまう可能性がある」と述べた。

 厳密な期限は設けないが、秋頃になっても進展がみられない場合は制裁を検討する。政府は昨年7月4日、北朝鮮が特別調査委員会を立ち上げたのを確認し、人的往来規制など独自制裁を解除。しかし、何ら進展がみられないことから、独自制裁の再発動や新たな制裁を検討していた。

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20150702-00000097-san-soci
---
平壌宣言を破棄する位の揺さぶりして下さいな。
結局何もしないのと同じですよ。
---
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント