FC2ブログ

新宿東南口街宣の所感

政治変えるチャンス 市民連合「選挙で追い込もう」

東京・新宿野党と街宣

 統一地方選、参院選と連続する選挙で勝利し、安倍政権を退陣に追い込もうと10日、東京・JR新宿駅で市民と野党の共闘街宣が行われました。政党や市民の代表が次つぎとスピーチ。「ウソだらけの安倍政治を変えよう」と書かれたプラカードを一緒に掲げてアピールしました。

 主催者を代表して、安保法制の廃止と立憲主義の回復を求める市民連合(市民連合)の山口二郎さん(法政大学教授)があいさつしました。「安倍政権は、原発事故も公文書のねつ造も無かったことにしようとしている。民主主義が壊される瀬戸際です」と強調。少なくとも、参院で与野党の逆転が必要だと強調し、「市民と野党が力あわせてたたかっていきたい」とのべました。

 弁護士の白神優理子さんは、「偽造、改ざん、ねつ造など、今の政治はあまりにもウソが多すぎます。弁護士として絶対に許せません」とスピーチ。今年は政治を変えるチャンスですと呼びかけました。

 「さようなら原発1000万人アクション」の鎌田慧さん、沖縄一坪反戦地主会関東ブロックの青木初子さんが発言しました。

 野党からは、日本共産党の吉良よし子参院議員、立憲民主党の海江田万里衆院議員、国民民主党の小宮山泰子衆院議員、社民党の福島瑞穂参院議員がスピーチしました。

 吉良氏は、74年前のこの日に起きた東京大空襲にふれながら「二度と戦争を起こさない政治が必要です。ウソと戦争は表裏一体だからこそ、安倍政権のウソは見過ごせません」と訴え。「勝つ方法は諦めないことです。国政選挙で、一人区での統一候補、共通政策の実現のため頑張ります」と語りました。

 主催は、市民連合と総がかり行動実行委員会です。

https://www.jcp.or.jp/akahata/aik18/2019-03-11/2019031101_04_1.html

=====================

 最近行った新宿東南口街宣の時に、こちらの団体が16:00からはじめるとの事でしたので、15:30~16:30のこちらの街宣を15:10~15:50に変更しました。
 
 自分らの街宣のテーマは、主に消費税の撤廃と今年から始める日本の危機を中心に話しました。
 
 向こうは、金がかかっていて更に動員がいる編成でした。
 
 今回ぽん皇帝さんとおっちゃんの2人でしたが、一般の人が立ち止まる率は、どちらも変わらない雰囲気でしたね。
 
 向こうと時間の調整を交渉していた時に、政策とテーマについて話してみると、どうも向こうさんは安保法制と憲法9条をコアにするとの事。
 
 一般の人の最大の関心事は消費税と景気対策なのではとの話をしましたが、それでもコアはそこにあるとの一点張り。
 
 かなり思想の硬質化が進んでいるなと思いまたね。
 
 要するに、左は右も「この道しかない」的な一方通行路線の様です。
 
 国民からすれば、生活が重要なのですから、安保法制とかどうでも良いと思う人が多いと思います。
 
 更に改憲とか憲法破棄とか、それも一般国民にとってどうでも良い話だと思いますね。
 
 今の時勢は、毛沢東の言葉にある「飯を食う問題が最大の問題である」でしょうね。
 
 これは、長州力の「お米の問題」で、生活の糧の問題がこれから大きな問題になりうるからです。
 
 16:00から始まった彼等の街宣は、高齢化した決して多くない動員らのドサ回りライブの様相です。
 
 そう言えば、某ホシュ番組運動体も似たような感じですね。
 
 聞き覚えのあるフレーズがリフレインが動員の癒やしになっているのでしょうね。
 
 対して、何も無かったように流れていく一般人の群れ。
 
 滅びゆく国の景色はこの様なモノなのかも知れませんね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント