奥村遊機倒産について

何か知ったふうな事をmy日本で書いている方がいますが、真相とまでは言いませんがゲーム開発系に務めている人間として、あの件を見ればこういった事ということを伺っています。

===========
破産手続開始申立ておよび開始決定に関するお知らせとお詫び

奥村遊機株式会社
代表取締役社長 福 岡 尉 敏

http://www.okumura-yuuki.com/
===========

一言で言えば、内輪の問題が大きな原因との事。

人材の流出とかありますが、大半は他のメーカーが上手く拾っていくでしょうね。

業界がどの様になっているか彼はわかっていないのでしょう。

今のパチンコ・パチスロ業界は、メーカーの下に外注が沢山いる構造になっています。

1昔は全部メーカー抱えていたのですが、液晶の解像度やクオリティーなどの問題で持ちこたえられなくなったのです。

これは、ゲーム業界とかも同じことが言えますね。

1昔前でも既に映像、サウンドは外注当たり前になっています。

昔吉宗ってパチスロがありましたが、あれは外注だったりします。(10年以上前)
実は、そこにあるかも知れないの吉宗パチスロの曲を作ったのは、以前仕事した友人の知り合いと言う落ち。(世間は狭い)

最近では、出玉設計、メインプログラム、申請書類、企画立案まで行う外注もあります。

要するに止め社員の開発の頭脳はそちらに移行するでしょうね。場合によっては、年収UPの人もいるでしょう。
特に出玉設計・メインプログラムが出来る人とかね。

8bitCPU系(Z-80)のアセンブラが出来る人は希少人材ですのでね。

確かに長期的に見ると中堅以下のメーカー及びホール関係は合併とか倒産とかは今後増えていくでしょうね。
大規模な開発形態が続く開発費の肥大化と市場が減少傾向にありますので。

というより今までの市場規模がおかしかっただけです。

今の若い人はパチスロ・パチンコとか打ちません。
そんな無駄な時間と過ごすより別の事をするそうです。

遊技とは技術介入をおこなって勝負するものですが、今のパチンコ・パチスロはただのギャンブルです。

業界の今後は大企業だけが生き残る世界になります。
仮にその市場が無くなっても、IRでのカジノで生き残ります。

ですので、カジノ構想について反対する1つの理由としてパチンコ・パチスロ業界包囲網では全くなく、業界延命に加担しているとも言えるのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント