たまたま東京都が助かった

今回の鬼怒川の決壊についてなんだけど、知り合いも無事では良かったのですが、その爪痕を見ると素直に安堵の気持ちにはなれません。
今回2つの台風に挟まれた間に大雨の雲を集積させたケースです。
この位置がちょっと変われば東京都は現在も復旧困難な状況になり得る訳なんです。
足立区をはじめとする東京都23区の殆どは低地部分です。
0メートル以下の場所もあります。
安全保障と言うのは、これらの治水も含まれます。
どうしても国家予算で切り詰められるのは未来の有事に対しての備えに無駄を感じる人が多くいると思います。
これは民主党とか自民党のレベルでなく、それ以前に国民がそう感じていると思います。
喉元すぎれば熱さを忘れる。
どうしても今が安全だから「家だけは大丈夫」と言う人は多いですよね。
そして、その建設に関して箱物とかゼネコンとか揶揄するメディアもあります。
なんでもそうですが安全は只では、手に入らない事実を今一度噛みしめて、投票なりの政治的な意思を伝えたほうが良い様に思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント