面影は碑の中に

ふと木更津のある神社に解散記念碑を見つける。

http://photozou.jp/photo/list/2437778/8709582

場所は木更津市請西にある日枝神社。

地元の方がいたので聞いてみれば、かつて農業用水(田んぼ用)があったそうで、その地水利権の組合の解散を記念して作ったらしい。
周りを見渡せば、ここは既に住宅地。

高校時代自転車で何度か来た場所。その当時ももちろん住宅地。
建立は昭和47年4月。

新日本製鐵君津製鐵所が出来てから住宅地の需要が急激に増えたのでしょうね。

昭和49年に木更津キャッツアイで紹介された「やっさいもっさい」。
これは、当時町が大きくなって1つのピークを迎えます。
今は木更津駅もそしてとなり町君津八重原団地周辺をみるとゴーストタウンの様相です。 鉄の時代が過ぎ去った面影だけを残して。

鉄の時代の繁栄の中、その影に消えていった農業用水治水組合の話でした。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント