TPP大筋合意について

TPP大筋合意へ 海外開拓で恩恵広く 2015/10/5 2:01日本経済新聞 電子版

 環太平洋経済連携協定(TPP)の交渉が大筋合意に達する見通しになった。参加12カ国の関税が撤廃されたり投資ルールが統一されたりすることで、日本企業は域内市場でこれまでよりも自由に活動しやすくなる。自動車など製造業だけでなく小売りなど恩恵は幅広い業種に及びそう。国内市場の縮小に直面する日本企業が海外市場を開拓する追い風となる。
 TPPは関税をなくす品目の割合が高く、投資のルールを透明にするレベルの…(続き→http://www.nikkei.com/article/DGXLASFS04H2M_U5A001C1NN1000/
==================
まあ、TPPは敷かれていたレールが有るわけだから遅延があっても到着するのは当たり前の事。
今後も日中韓FTA、RCEP ももちろんレールの通りに動くでしょう。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント