安倍談話で

反省と言ったあの流れですが…

実は、この前の信頼のおけるジャーナリストの話した事がスバリだったんですよね。

元々、この談話は、間違いなくアメリカのお許しがまず必要なので、この辺りが現実の線なのでしょうね。

要するに何が言いたいかと言えば、安倍晋三氏を保守の政治家では無く、普通の政治家としてフラットに見る必要がある訳。

さて、おっちゃんはその先の情報を咀嚼して今後の糧にして情報を集めますが。

情報が何でも只で手に入るとか思っているネット民は今後樹海に彷徨うでしょうね。

若しくは情報を取るのであれば足で稼げと言いたいね。

おっちゃんは少なくともそれなりに現場にいきますよ。

で、最初に戻れば、保守の時代が終った前にネット情報の脆弱性を憂う事が重要かと思いますね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント