&TOKYOロゴに隠れている対中援助情報

1億3000万円かけた「&TOKYO」ロゴをPRも…パクリ指摘には「誰でもこんなロゴは書けますから」 2015.10.14 06:00 産経ニュース

【冒頭発言】

 「まず東京ブランドの推進に向けたキャンペーンについて、お知らせします。今日から東京ブランドのロゴ『&TOKYO』を使ったバックパネル(※会見で知事の後ろに飾るパネルのこと)を使ってみました。(会見で飲む)水、コップにも『&TOKYO』マーク。バッジは5色あり、スーツの色に合わせて変えられるという感じで、今日は(私も)招致マークを外して、こっちをちょっとつけて、目立つようにしました」

 「どれぐらいお金がかかったかということですが、全体で1億3000万円。このうち、さまざまなPRツールのデザイン経費が約7000万円。それで、こういうグッズをいろいろ作っているわけで…(続き→http://www.sankei.com/smp/politics/news/151014/plt1510140003-s.html


---
ロゴよりここの環境援助を指摘しないとダメでしょうに…

都税で中国の環境援助を行うんですよ。
前からこの環境省が音頭をとっている問題を発信しているけど誰も気づかない。

◆終わらない対中援助
http://s.ameblo.jp/jkl-furukawa/entry-11795019819.html

そもそも、南京大虐殺や邦人拘束に対して緊急中止をしなければいけないはずなんですけどね。

この税金の無駄遣い問題は、右左以前の問題です。

因みに、安倍首相も対中援助を止めていない。
遺棄化学兵器の予算は増えている。

ユネスコの拠出を止めるのもそうですが、他に止めるのもあるんですけどね。
少なくともスパイ容疑での対抗措置として、当該予算を凍結しなければ、向こうは何一つ慌てません。

=(該当部分抜粋)=======
「次は、北京市との協力関係です。このたび、北京市と環境分野における研究員の相互派遣を初めて行うことになりましたので、お知らせします。昨年、私が北京市を訪問して、王安順市長と会談した際、環境分野とりわけPM2.5をはじめとする大気汚染対策について、技術交流・技術協力をさらに推進することで合意しました」

 「これを受け、来月の1カ月間、北京市環境保護科学研究院の2人の研究員が東京都に参ります。研究員の方々には、東京都環境科学研究所でPM2.5や、光化学スモッグの発生原因となるVOC(揮発性有機化合物)の測定、データ解析など、都の大気汚染対策の経験や技術に関する知見を深めていただきたいと思っています。また、来年1月には、東京都から環境科学研究所の研究員1人を、北京市へ派遣して、技術交流を行う予定です。このような交流を通じ、今後も北京市との友好関係を深めていくとともに、世界の大都市が共通して抱えている大気汚染の解決につなげていきたいと思っています」
===============
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント