幻の横浜空襲

12月30日に城ヶ島から横浜の南側の忠魂碑を訪ねてみたのですが、知られざる横浜の空襲の話を1つ。

その戦没者供養塔があるのは、浄土真宗本願寺派光明寺(神奈川県横浜市栄区上郷町105)にあります。

たまたま居合わせた当時を知る方のお話を聞かせて頂きました。

良く横浜大空襲は5月29日ですが、5月24日に光明寺付近の一帯に空襲があったそうです。

そこで亡くなられたのは5名でした。
中には戦乱を逃れるために横浜の中心地から引っ越した方が2名亡くなっています。

http://photozou.jp/photo/list/2437778/8775745

家に帰って調べてみると5月24日は品川空襲があったそうです。

その方の話では、平塚空襲の余りを在庫処分の様に投下したのではないかとのこと。

平塚空襲は7月16、17日ですので、恐らくは品川空襲の余り物の可能性が高いです。

いずれにしても、帰りの燃料を使わなくするには、爆弾を使いきって身軽にするのは有効なのでしょうね。

詳細については、「my日本SPREAD!!金曜のおかずはフライデー」で紹介しますね。

ネットだけでなく現場に行く重要性はこういった事だと思いますね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント