岸田外務大臣スピーチより見えるもの

「JIIAフォーラム」における岸田外務大臣スピーチ 2016年の日本外交 平成28年1月19日

御列席の皆様,外務大臣の岸田文雄でございます。本日は,御多忙中にもかかわらず本当に大勢の皆様方に足を運んでいただきました。心から御礼申し上げます。また,本日の講演をアレンジ頂いた日本国際問題研究所の御尽力に感謝申し上げます。

 安倍政権の下で外務大臣に就任し,昨年末でちょうど3年が経ちました。外交においては「戦略」と「原則」が大事です。2012年暮れの政権発足以来,私は国際協調主義に基づく「積極的平和主義」を掲げて日本外交を推進し,41か国を訪問する機会を得ました。その間,104か国の外務大臣と,250回を超える外相会談を行いました。それ以外に,大統領や首相,王族といった方々との会談を合わせると590回を超える要人との会談を行うことができました。各国首脳・外相との会談の中で,私は,自由や民主主義といった基本的価値観,法の支配,紛争の対話による平和的解決といったものを一貫して重視する姿勢を訴えてまいりました。こうした取組により,国際環境が厳しさを増す中で,国際社会における日本の存在感を高める…(続き→https://web.archive.org/web/20160205062120/http://www.mofa.go.jp/mofaj/fp/pp/page4_001707.html
================================

以下、ポイントとなる部分

【韓国】
経済,環境,海洋の安全,さらには宇宙,サイバーなど日韓協力の必要性は広がっています。北朝鮮の4度目の核実験という事態に直面し,既に日韓は緊密に連携しています。

要約:隣の国だから揉めないで連携する

【中国】
中国は今や世界第2位,日本は第3位の経済大国であり,アジア及び世界の平和と繁栄に大きな影響力を持ち,責任を負っています。一部には,日本は発展を続ける中国に対して焦りを感じているのではないかと言う人もいますが,私はむしろ中国の発展を大いに歓迎いたします。日本の発展は中国なくしては考えられず,一方中国の発展も日本なくして考えられません。日中両国が長期にわたる平和と友好のために協力していくことが,日中双方にとって唯一の選択肢なのです。
しかも,日中両国の間には共通の利益があります。日本にとって中国は最大の貿易相手国,中国にとって日本は第2位の貿易相手国です。国別で第1位となる約2万3千社の日本企業が中国で活動し,大きな雇用を生んでいます。日中の経済関係は極めて緊密です。協力の潜在力は,省エネ・環境,少子高齢化対策,観光,防災といった幅広い分野にも及んでいます。これに加えて,中国が健全な改革を進め,グローバル・スタンダードを尊重し,そして透明性を確保していくことは,国際社会にとっても極めて重要です。

要約:ビジネスで一番便りにしなければいけない国なので、改めて強い連携する。環境ビジネス美味しいね。

【北朝鮮】

日本は安保理メンバーとして,安保理がこの北朝鮮の挑発行動に対して断固たる対応を取るよう,米国とともに決議案交渉をリードしています。

要約:アメリカはんの言うとおりに行います。

【日米同盟】

日米同盟の重要性は益々大きくなっていると考えます。先般の北朝鮮の核実験の後,私はすぐにケネディ大使,ケリー国務長官と連絡を取り,我が国の安全や地域の平和に対する米国のコミットメントを確認することができました。

要約:核を持っていないのでアメリカはんの舎弟のままで暫く頑張ります。

【テロ・中東問題】

既にシリアやイラクの難民と国内避難民及び周辺国に対し,8.1億ドルの支援を行っていますが,国会で必要な予算が承認されることを前提に,シリア,イラク情勢の安定化のために更に3.5億ドルの支援を新たに行うことをここに発表させていただきます。

要約:お金出すから、それ以上は勘弁して。

【イラン】

天野事務局長がトップを務めているIAEAと緊密に連携し,最終合意の履行と検証を支援してまいります。

要約:様子見です。

3 国際社会の平和と繁栄のための貢献

日本は,既に様々な分野で,この新アジェンダの実現に向けた具体的な取り組みを始めています。例えば,質の高い成長の追及に当たっては,その基盤となる質の高いインフラ投資を,ODAの戦略的活用と連携させながら,アジア,アフリカ,中南米といった地域で官民一体となって推進をいたします。また,日本の強みである高い教育力と技術力を生かした産業人材育成に取り組んでまいります。保健分野では,「人間の安全保障」の考え方に立脚し,エボラ出血熱などの感染症対策とユニバーサル・ヘルス・カバレッジの推進を目指します。
本年初めてアフリカ・ケニアで開催予定のTICAD VIでは,アフリカ諸国のオーナーシップを大切にしながら,こうした諸点について支援を表明したいと考えます。

要約:世界貢献なのでお金を沢山使います。後、アフリカにも力いれます。足りなければ増税?かもね。

4 結語

外務大臣として,日本外交の根本である近隣国との関係を固めつつ,様々なグローバルな課題について日本のリーダーシップを発揮できるよう努めていきたいと思っております。

要約:これからもグローバルでかんばります。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント