鬼怒川越水と太陽光パネルの因果関係について

facebookでも書きましたが、結論から言えば、太陽光パネルの掘削が無くても越水していたことと、その下流2,300m下流でも越水していた。
あと、現地に行けばわかりますが、自然堤防は嘘です。只の中洲で溜まった土砂で、場所によっては、腰より低い場所も結構あります。

そして、国土交通省の報告でも所謂自然堤防としています。

色々この関連で煽っていた人がいますが、現場や資料をかき集めるとこの様な結果になります。
やはり、足で情報を集めないとダメだなと改めて感じますね。

現場にいかないで調べないで適当な事を書いて、責任を取らない人が大半だと思いますが、煽っていた人はそれなりに猛省をして欲しいですね。

いかは、FBでの記載です。

鬼怒川で太陽光発電の会社が土手を崩して、そこから越水したと以前、そんなニュースがあったが、現地でわかった事がある。
少なくともそんな堤防は、周辺を見たけど無いといえるでしょうね。
そもそも雑木林です。その雑木林もどう見積もっても3mを超える天然の土手といえる場所は見出すのは難しいですね。
せいぜい2,3mアレば御の字です。(3mは流石に盛りすぎかな…)
因みに越水近くの雑木林の有りがちなのは写真の通り、自分の背丈より土が低いですね。
あと、現地行って分かったことは、それより深刻な越水ポイントがそこの下流2,300mの所にありますよ。
今は数メートルの土手を急遽作っていますね。
結局メイヨさんの言っていることは現地にいってカナリの確度であっていると思います。
===========================
茨城・常総の住民「こんな恐ろしい光景初めて」
http://www.nikkei.com/article/DGXLASDG10HCJ_Q5A910C1CC1000/
 男性によると、近所の土手を水が越えてきた。土手は2~3階建ての住宅ほどの高さがあったが、昨年業者によるソーラーパネルの設置工事で削られ低くなった。「大雨が来たらどうなるんだと地元で話題になっていた」と話した。
===========================

・鬼怒川越水1





・鬼怒川 越水ポイント(玉村地区)
https://www.google.com/maps/d/edit?hl=ja&mid=z1GqgbM1U-8w.kIAGKgeRVWqs


で、その太陽光発電のパネルの工事が無くともここからの越水ポイントをみると明白です。
何の事はない、その天然の堤防も皆無ですので水が入り放題のポイントがあります。
だから、急遽にこの様な堤防を慌てて作っていると言う事。
つまり、スーパー堤防仕分けとか太陽光発電の業者がとか以前に、あの規模の豪雨ですとここから大量の河水が流れているということになる。

・鬼怒川越水2






◆電力自由化と電気に関する情報ブログ
http://39edison.seesaa.net/article/429159544.html

こちらのブログもそうですが、国土交通省の調査報告から太陽光パネルの設置による掘削が無くても越水していたと結論がでていまうす。
データの画像を見ればよくわかります。

鬼・怒川越水3






スーパー堤防仕分けに当時盛り上がったネット民が多数いましたが、この事実も知らないのでしょう。
そして、その太陽光パネルの越水地点のすぐ近くに、ビルマに出兵した英霊を慰霊する塔があります。
せめてインパール作戦等に散った英霊に是非とも現地で参拝して欲しいものです。
そんなこともしないで民主党を叩いて私は愛国者とか言わないで欲しいね。


鬼怒川砂丘慰霊塔



スポンサーサイト

コメント

非公開コメント