戦略的互恵関係と環境援助

大気汚染対策で日中韓が会合 4月29日 19時04分

日本と中国、韓国の環境大臣会合が29日から中国で始まりました。
望月環境大臣は中国の陳吉寧環境保護相と会談し、中国で深刻化し、日本への影響が懸念されている大気汚染物質PM2.5などの対策に向けて、日中の自治体の間の都市間連携を強化していくことで一致…(続く→http://www3.nhk.or.jp/news/html/20150429/k10010065071000.html
==================

これをみれば、先日の日中首脳会談でAIIBしか注目していない人は、このニュースを拾えないかと思います。

これが、戦略的互恵関係の1つです。

何の事はない、中国に強いと所謂保守の方が幻想を抱いている人がいらっしゃいますが、別のチャネルでは中国との融和も同時に行われる事。

そして、安倍晋三氏は、もう保守側の視点でのサービスはなくなると思います。
もちろん靖國神社はいかないでしょう。(万が一行くときは終焉間近でしょうね)

かつての中曽根元首相の様な形になるかと思います。
つまり、長期政権になる可能性の裏側で何が起きるのかは、改めて見る事が重要でしょう。

ですので、どの政治家も是々非々で見るしかないと思いますね。


スポンサーサイト

コメント

非公開コメント