皇居の観光地化は、政策の一貫です

簡単に「河野行革相が皇居視察、外国人観光客の増加目指す」のもう少し掘り下げた事実を提示しましょう。

前からいっていますが、河野太郎氏を選任したのは安倍晋三氏です。

◆河野行革相が皇居視察、外国人観光客の増加目指す
https://web.archive.org/web/20160406181924/http://news.tbs.co.jp/newseye/tbs_newseye2743398.html

河野太郎の名前につられて、河野太郎をバッシングしている方も多くいらっしゃいますが、まずコレは、政府の政策で決まっている事なのです。

以下にて簡単にまとめておきました。

早い話が、「ベルサイユ宮殿」みたいに皇居も京都御所も観光の目玉にするのが安倍政権の政策として「訪日外国人旅行者数2000万人の目標達成」の為に編み出さたのです。

その流れに昨今の仁徳天皇御陵の世界遺産も含まれているのでしょう。

個人的には、この政権は「朝敵」になったと同然の様にも見えますね。まあ、おっちゃんは保守ではありませんが。

=======================
◆明日の日本を支える観光ビジョン構想会議
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kanko_vision/index.html
=======================
明日の日本を支える観光ビジョン構想会議
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kanko_vision/dai1/siryou1.pdf

【議長】
安倍晋三内閣総理大臣

【副議長】
菅義偉内閣官房長官
石井啓一国土交通大臣

【構成員】
麻生太郎副総理兼財務大臣
石破茂地方創生担当大臣
加藤勝信一億総活躍担当大臣
高市早苗総務大臣
岩城光英法務大臣
岸田文雄外務大臣(代理武藤容治外務副大臣)
塩崎恭久厚生労働大臣
林幹雄経済産業大臣

【有識者】
石井至石井兄弟社(旅行ガイド出版社)社長
井上慎一PeachAviation株式会社代表取締役CEO
大西雅之鶴雅グループ代表
小田真弓旅館加賀屋女将
唐池恒二九州旅客鉄道(株)会長
デービッド・アトキンソン小西美術工藝社社長
=======================
◆「明日の日本を支える観光ビジョン」(案)概要
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kanko_vision/dai2/siryou1.pdf


■我が国の豊富で多様な観光資源を、誇りを持って磨き上げ、その価値を日本人にも外国人にも分かりやすく伝えていくことが必要。

視点1
「観光資源の魅力を極め、地方創生の礎に」

快適に観光を満喫できる環境に」
■「魅力ある公的施設」を、ひろく国民、そして世界に開放・赤坂や京都の迎賓館などを大胆に公開・開放
■「文化財」を、「保存優先」から観光客目線での「理解促進」、そして「活用」へ・2020年までに、文化財を核とする観光拠点を全国で200整備、わかりやすい多言語解説など1000事業を展開し、集中的に支援強化
■「国立公園」を、世界水準の「ナショナルパーク」へ・2020年を目標に、全国5箇所の公園について民間の力も活かし、体験・活用型の空間へと集中改善
■おもな観光地で「景観計画」をつくり、美しい街並みへ・2020年を目途に、原則として全都道府県・全国の半数の市区町村で「景観計画」を策定
=======================
◆3つの視点と10の改革
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kanko_vision/dai2/siryou2.pdf

「魅力ある公的施設」を、ひろく国民、そして世界に開放
-「技」の粋がつくされた日本ならではの空間を世界に-

赤坂迎賓館
2016年4月19日から一般公開を通年で実施。

ホーフブルク王宮(オーストリア)
王宮内は、観光施設として日中見学が可能。一部をレセプション会場等の利用向けに、一般開放。
=======================
国の施設の開放等について
http://www.kantei.go.jp/jp/singi/kanko_vision/dai2/sankou2.pdf

①首相官邸(東京都千代田区)
②迎賓館赤坂離宮(東京都港区)
③京都迎賓館(京都府京都市)
④皇居(東京都)←--------※※ ココ ※※
⑤皇居東御苑(東京都)←-----※※ ココ ※※
⑥京都御所(京都府京都市)←---※※ ココ ※※
⑦仙洞御所・桂離宮・修学院離宮(京都府京都市)
⑧御料牧場(栃木県塩谷郡高根沢町・芳賀郡芳賀町)
⑨鴨場(千葉県市川市、埼玉県越谷市)
⑩信任状捧呈に係る馬車列
=======================
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント