東京都知事選挙での所感

さて、都知事選ですが、開始早々から小池百合子氏の当選になりました。

都知事選、投票率59・10%…午後8時
https://news.nifty.com/article/domestic/government/12213-20160731-50060/

最終的な数字は分かりませんが、いずれ確定するでしょう。

確かに以前に比べれば増えているとは思いますが、6割も超えていない事を嘆くのが先だと思います。

どこもかしこも当選者の事ばかりで、正直なんだかなーと思いますね。

民主主義は、選挙なんですよ。

これを総括しないで、結果が出てシャンシャンでは、政治を語る資格があるのでしょうか?

私は、「桜井誠」に投票しました。

ニコニコ生放送で桜井氏の秋葉原最終演説では、政権奪還前の安倍氏の秋葉原と同数位の人が集まっていました。

本当は現場に行きたかったけど体調が優れなかったので、見送りました。

数は一緒でも条件が遥かに違うからです。ネームバリュー、他団体の動員数等を考えればありえない人が集まっていたのです。

間違いなく彼が10年来行った実績があそこにあったのでしょう。

これは、大変大きな意味を持っていると思っています。

いずれ、何十年後に振り返るとアレが起点だったのだと振り返る可能性があるからです。

そして、小池百合子氏ですが、恐らくこちら側に都合の良い実績もあげるでしょうが、その反面の事がどれだけなのかを監視していかないといけないでしょう。

キーワードはグローバル。

これは、一都民として義務だと思うんですよね。

投票して終わりでは、あまりにもお粗末です。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント