結局増える遺棄化学兵器処理予算【92億4700万円の増額】

遺棄化学兵器処理事業概算要求は、92億4700万円増えました

残念ながら、来年度の予算でも増やすそうです。

その増額は、「92億4700万円」です。

=====================
平成29年度予算概算要求の概要
http://www.cao.go.jp/yosan/soshiki/h29/gaiyou_h29.pdf


※〔単位:百万円〕

(5)化学兵器禁止条約の実施 43,820(34,573)
・「化学兵器禁止条約」に基づき、旧日本軍が中国に遺棄した化学兵器の処理事業を着
実に推進
<主な内訳>
① ハルバ嶺事業関連経費(ハルバ嶺での発掘・回収、試験廃棄処理等)
29,473(16,151)
② その他各地事業関連経費(中国各地の発掘・回収、移動式処理設備の運転等)
11,760(15,984)
=====================

438億8200万円だそうです。
前回の、345億7300万円からの倍プッシュ(笑)

【アカギ】
まだだよ…まだ終っていない…
まだまだ終わらせない…!地獄の淵が見えるまで
限度いっぱいまでいく…!どちらかが完全に倒れるまで……
勝負の後は骨も残さない………!


まあ、困った事に尖閣諸島の脅威がありながら、何が悲しくて中国に血税を使わなくてはいけないのか?

http://sns.mynippon.jp/?m=pc&a=page_fh_diary&target_c_diary_id=672398

概ね半分が【中国外交部日本遺棄化学兵器問題処理弁公室等】に流れます。

こんなバカバカしい事を持っと知って欲しいのですが、残念ながらこの手合の情報は広まりません。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント