アフリカ開発銀行とJICAの連携から見えるもの

いよいよJICAでもアフリカ開発について、ニュースリリースしていましたので紹介します。

前回の日記にて、中国包囲網になるか?との話ですが、残念ながらその期待は薄いと言えるでしょう。

=====================
第6回アフリカ開発会議(TICADVI :The Sixth Tokyo International Conference on African Development)が閉幕:初のアフリカ開催、歴史的成功へ貢献

http://www.jica.go.jp/press/2016/20160829_01.html

1.ナイロビ宣言と我が国のアフリカ支援パッケージ
TICADVIの成果をとりまとめた文書として採択されたナイロビ宣言では、アフリカの新たな課題に取り組むため、優先分野として以下の3つが盛り込まれました。
(1) 経済の多様化と産業化を通じた経済構造転換の推進
(2) 生活の質の向上のための強靭な保健システムの推進
(3) 繁栄の共有のための社会的安定性の推進
これらに貢献する具体的支援を実施するため、日本政府は、2016年から2018年の3年間で、3兆円の官民によるアフリカ支援パッケージを発表しました。
JICAは、政府開発援助の実施機関として、2013年のTICADVで表明された目標の2017年までの達成とともに、今回発表された支援パッケージのうち、以下のような具体的支援策を実施していきます。
(1)アフリカ開発銀行との協調による最大33億米ドル(3,300億円相当)の融資
(2)ABEイニシアティブの継続、カイゼン・イニシアチブ、などによる産業人材の育成
(3)UHC(Universal Health Coverage)の推進、「食と栄養のアフリカ・イニシアチブ(IFNA: Initiative for Food and Nutrition Security in Africa)」など保健分野での協力
=====================

1.(1)のアフリカ開発銀行との協調による最大33億米ドル(3,300億円相当)の融資で概ね、中国企業の落札も含まれる可能性は一段と高まりましたね。

=====================
http://www.afdb.org/…/afdb-scouts-for-viable-energy-models…/
For their part, the Korean Electric Power Corporation (KEPCO) and Korea Midland Power Corporation pride themselves on state-of-the-art power generation and distribution technologies at home and abroad.
For instance, KEPCO’s 1.5% and 2.03% transmission and distribution loss rates, respectively, and 10.26 minutes per year household blackout rate would be a welcome change for those energy impoverished regions in Africa.
=====================


これを見ると日本の火力発電だけでなく、韓国の企業とも連携していますね。

具体的には、ガーナでも韓国のケプコが受注していますね。


=====================
http://afdb-org.jp/japan/nsl.html
ガーナの既存220MWのガス火力発電所を340MWに拡張するプロジェクト。三井物産株式会社が韓国KEPCO E&C社と共同で、設計・調達・据付を含むターンキーの建設工事契約を受注。
60百万USドル
=====================


こちらでは、中国企業のペナルティに関する記事ですね。


=====================
アフリカ開発銀行(AfDB)プロジェクトにおける整合性:アフリカ開発銀行はdebarsと罰金中国初ハイウェイエンジニアリング株式会社
http://www.afdb.org/…/integrity-in-afdb-projects-afdb-deba…/
アフリカ開発銀行は、アフリカ開発銀行が資金プロジェクトで詐欺と共謀慣行の入場以下の中国初ハイウェイエンジニアリング株式会社に3年間の締め出しを課します。また、銀行は、大陸に腐敗防止プロジェクトを支援するためにドル1886万の金融罰を課し。
=====================


調べると日立製作所の和解に関する情報などが色々でてきます。

つまり、現在でもどちらかの中国企業も受注を受けている事でしょう。

ですので、勿論日本企業も進出しますが、一概に全て日本企業と現場の国の企業が受ける案件でありません。

その中で進出している企業にアジアとしては、中国及び韓国もいるのです。

中国の企業が100%民間とか思います?

となれば、間接的に何が行われいるかをシッカリ見なければいけないと思います。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント