ロシアと手を組む面白さ

[FT]プーチン氏と踊る安倍氏 対ロ交渉は慎重に(社説)  2016/11/9 3:30

 安倍晋三首相がロシアのプーチン大統領と気になる外交ダンスを踊っている。ウクライナやシリア問題を巡り、日本の同盟国である欧州連合(EU)の国々や米国とロシア政府が溝を深める中、安倍氏がこのタイミングでプーチン氏と会談するのは理解しがたい。

 だが、安倍氏は長期的な世界の動向を見据えた結果、動かざるを得ないのだ。難題は、この戦略的根拠と短期的に予想される深刻なリスクとのバランスをどうとるかだ。

日ロ首脳会談で握手する安倍首相とロシアのプーチン大統領(9月2日、ロシア・ウラジオストク)=共同
 プーチン氏の日本訪問は来月の予定で、同氏の大統領在任中の11年間で初めてのことだ。両首脳は大きな成果を上げようと尽力している。安倍氏は北方領土として知られる北方四島(ロシア名...(続き→http://www.nikkei.com/article/DGXMZO09273960Y6A101C1000000/)
========================

この行く末を見守っています。

何故なら場合によっては、我が国がカードを手に入れる可能性があるからです。

恐らく2島を超える話はありません。しかし、ビジネスと外交上で興味深い展開が出来る可能性があります。

以前から放送で述べていますが、何のカードを手に入れるかが問題とね。

なぜかと言えば、中国もアメリカも北朝鮮も韓国もロシアと組むと言うのは、彼らにとって斜め上を行く行為だからです。

相手を慌てさせる事の重要性です。

この安倍首相の判断は、非常に戦略的です。逆に彼らの機嫌を損ねる訳ですから、大変でしょうけどね。

しかし、足を踏み込みだけの価値はあると思います。

「虎穴に入らずんば虎子を得ず」

さて、虎をゲットするのか?猫をゲットするのか?

乞うご期待って所ですね。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント