本当は怖い平和の話

平和の手法の1つとして
敵対国及び民族を殲滅するのも平和の1つの解決方法。
歴史の中で一番多く解決した事例だと思っています。
で、わりと近代でも似たような事例もあります。
思うに「PAX(PEACEの語源)」と言う平和の概念は、正にそのような事だと思っています。
しかしながら、戦争反対を高らかに叫ぶ連中には、響きません。
彼等はPAXの本当の本質を知っているか知らずか叫んでいる。
我が国の大半は、平和(PAX)の本質を知らずに平和を狂信的に信じているのが現在の所感ですね。
本当は平和(PAX)は、血を流す覚悟と矜持が必要なのです。
それと、本質的に怖い存在なのです。
スポンサーサイト

コメント

非公開コメント