高速道路2万円で乗り放題の外国人優遇

え?外国人だけ高速道路2万円で乗り放題って嘘だろ?!ほか後半はただの雑談。

https://www.youtube.com/watch?v=yh_L6xW092A


二宮さん、言ったれ!!言ったれ!!

立憲民主党を調子づかせた、残念な保守言論人達へ

因みに、今更立憲民主党を攻撃しても時既にお寿司ですので(笑)

何度も言いましたけど、ネット保守と呼ばれる脳天ファイラーの皆さんを、枝野を始め「その節はお世話になりました」と言わんばかりの情勢です。

希望の小池百合子氏に目が行って、立憲民主党を伸ばしたネット保守言論人の罪は深くそして重い。

中山成彬氏を裏切り者と言うなら…

中山氏を日本のこころから逃げた裏切り者と言うなら、和田某とか杉田某も、【裏切り者】なんじゃないの?

おっちゃんさ、この様なダブルスタンダードってどうよ? って思うのさ(笑)

希望と立憲が拮抗だそうだ

比例で希望、立憲民主が拮抗 小池都知事の支持率は66%から39%に急落

産経新聞社とFNN(フジニュースネットワーク)は14、15両日に合同世論調査を実施した。22日投開票の衆院選に関し、比例代表の投票先を聞いたところ、希望の党が15・0%、立憲民主党が14・6%と拮(きっ)抗(こう)した。自民党は32・9%だった。また、希望の党代表を務める小池百合子東京都知事の支持率は前回(9月16、17両日)から27・2ポイント減の39・2%に急落…(続く→https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171016-00000525-san-pol

====================

これを喜劇なのか悲劇なのかは、見る人によって違うでしょうねぇ…

金の無駄使いとしての円借款 ~バングラデシュ~

日本がバングラデシュへの優遇借款利率を引き上げ、それでも最も低い利率―中国商務部
Record china配信日時:2017年8月30日(水) 21時50分

2017年8月30日、中国商務部はバングラデシュメディアの報道を引用し、日本がバングラデシュへの優遇借款利率を引き上げると伝えた。

国際協力機構(JICA)は、バングラデシュに対する38回目の優遇借款利率を0.7%に引き上げる。しかし返済期間は変更せず、借款期間は30年、猶予期間10年のままだ。この借款は合わせて約16億4000万ドル(約1800億円)で、交通インフラや電力、水の供給などのプロジェクトに使用される。

具体的には、シャージャラル国際空港建設プロジェクトに7億ドル(約770億円)、カチプール・メグナ・グムティ第2橋建設に4億8000万ドル(約528億円)、ダッカ都市鉄道に5000万ドル(約55億円)、マタバリ超々臨界圧石炭火力発電事業に1億ドル(屋久110億円)、ダッカの地下変電所建設に1億9000万ドル(約209億円)、小規模水源開発プロジェクトに1億1000万ドル(約121億円)である。

バングラデシュは独立以来、日本が最大の援助国となっており、これまでで120億ドル(約1兆3200億円)近くを援助してきた。過去10年間で、JICAは最も優遇的な借款を行い、借款利率は0.01%だった。

しかし、バングラデシュの経済局関係者によると、今回の日本による優遇借款利率の引き上げでも、他の援助国と比べたらまだ低い利率だ。バングラデシュの最大の援助者である世界銀行が提供する優遇借款利率は0.75%で、第2の援助者であるアジア開発銀行は2~3%の利率だという。(翻訳・編集/山中

http://www.recordchina.co.jp/b189064-s0-c10.html

======================

以前、調べた円借款受注先で見れば、バングラデシュでも中国・韓国の企業が受注する事は、普通にあります。

以下が、その資料の抜粋です。JICAの資料を元にしています。

======================
https://ameblo.jp/jkl-furukawa/entry-11980079116.html
https://ameblo.jp/jkl-furukawa/entry-11980079366.html

・バングラデシュパクシー橋建設事業(Ⅰ) 1997.07.01
7,444 MAJOR BRIDGE ENGINEERING BUREAU(中国)

・バングラデシュ カルナフリ上水道整備事業 2006.06.29
3,893 CHINA NATIONAL TECHNICAL IMPORT & EXPORT CORPORATION (中華人民共和国)/ BEIJING SOUND ENVIRONMENTAL ENGINEERING CO., LTD.(中華人民共和国)

・バングラデシュ ダッカ-チッタゴン鉄道網整備事業 2007.12.11
13,379 CHINA RAIWAY MATERIALS IMPORT & EXPORT CO., LTD.(中華人民共和国)/ CHENGDU RANKEN RAILWAY CONSTRUCTION CO.,LTD.(中華人民共和国)/ MAX AUTOMOBILES PRODUCT LTD.(バングラデシュ)

・バングラデシュ 通信ネットワーク改善事業 2006.06.29
4,829 丸紅(日本)/ KT CORPORATION(韓国)
======================

つまり、我々の税金が、バングラデシュにおいては、「借款利率は0.01%」だったのよ。

で、環境関係は、1%以下の制限があったと思います。

要するにアジア開発銀行の2~3%の様な高金利にはしないと思いますね。

一納税者として言いたい、財政が逼迫していると政府が言うが、この様な無駄使いを放置して起きながら増税を言うのは如何なものかと言いたいね。